人気ブログランキング |

富士健康クラブ

<   2019年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧




[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第60号

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第60号

[フォローアップ-17]  

人間の不思議な能力 <広い霊感-5>

人間の意識が物質に影響を及ぼす他の事例です。

2.観測問題

ミクロの世界、素粒子の世界では、人が素粒子を観測しようとすると、そのこと自体が素粒子に影響を与えるという「観測問題」が知られています。観測とは人の意識によって行われる行動ですから、意識によって素粒子が影響を受けてしまうのです。このことも人間の意識が物質に作用を及ぼす状況証拠を示しています。

良く知られている「粒子と波の2面性」も観測問題の一つと考えられます。アインシュタインは、光は光子の集まりであり粒子の性質を持つとする「光量子論」を発表し1921年にノーベル物理学賞を受賞しました。一方、光には波の性質があることは以前から知られていました。光は波の性質と粒子の性質を合わせもつことになりますが、アインシュタインはその理由を説明できませんでした。なお、光に限らず、素粒子や小さな粒子は「粒子と波の2面性」を持ちます。

粒子と波の二面性については何故なのか、どのように考えればよいのか諸説がありますが、私は次の「コペンハーゲン派解釈」と呼ばれる仮説を支持しています。すなわち:

水面の波や音波のように、波は一般的に拡がりをもって振動しています。光や素粒子の波も普段は拡がりをもって振動しています。光や素粒子の波を人間が見よう(観測しよう)とすると、それまで波として拡がっていたものが瞬時に1点に縮んで粒子のように見える、というのがコペンハーゲン派解釈です。すなわち、見ていないときは波として振る舞い、見ようとすると粒子のように見えるのです。そして粒子がどこに現れるかというと、確率的に波の山や谷で現われ易いと考えられます。

コペンハーゲン派解釈は、ニールス・ボーア(18851962:デンマーク)らによって提唱されていますが、アインシュタインは納得せず、何度も論争に挑みましたが勝利できませんでした。

3.ストレスによる脳の変形

今、いじめや虐待が大きな社会問題になっています。驚くべきことに、いじめ、虐待などによって子供の脳が大きく変形してしまう実例が報告されています。

これは素粒子レベルの問題とは異なりますが、意識によって脳すなわち物質が大きく影響を受けてしまう一例と考えることもできます。

厚労省研究班は、体罰・暴言で子どもの脳が大きく「萎縮」「変形」する実例を示して注意を喚起しています。厳しい体罰により、前頭前野(社会生活をする上で非常に重要な脳の部位)の容積が20%減少し、また言葉の暴力により、聴覚野(声や音を知覚する脳の部位)が変形する他、左脳と右脳を結ぶ脳梁が縮退する実例が示されています。

いじめ、虐待などによって「親子関係の悪化」、「精神的な問題の発生」、「反社会的な行動の増加」、「攻撃性の増加」などの「望ましくない影響」が生ずるだけでなく、脳そのものが大きく変化、変形しダメージを受けてしまうのです。


********************

宇宙と生命の謎 [懇談会] のお知らせ

名称; 宇宙と生命の謎[懇談会]

日時: 20193/24(日)午後1:304:00

場所: 立川市女性総合センター:通称「アイム」

JR立川駅から北へ徒歩3~4分。 

    立川市中央図書館ビル5階 第2学習室 

参加費: 300円(資料代)

概要: 「宇宙と生命の謎を読み解く!」連続講座でご説明できなかったことや新情報などをお伝えし、また自由な議論、懇談、エクササイズなどを行う予定です。

テーマの例: 生命の起源は? 人間の起源は? 地球外生命体は? 進化論のポイントなど

できるだけ一方向でなく双方向を志向し、皆さんの日頃抱いている疑問や不思議体験などを自由に議論し、お互いに視野を拡げていけることを期待しています。
事前に予約をお願いいたします。

申込: 電話:090-8849-2582or 042-536-1273 関口まで

  EMAILsekiguchi.m@ozzio.jp


富士健康クラブ 

   関口 素男

    sekiguchi.m@ozzio.jp














by jiriki-tachikawa | 2019-02-24 14:38 | 応用編メールマガジン

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第59号


[フォローアップ-16]  

人間の不思議な能力 <霊感-4>

1.霊感の本質は何か?

人間は、自らの外側に広がる非物質(心、意識、いのち、気など)を感じたり、それらに共鳴できる能力を潜在的に持っていると考えます。特に感じやすい、共鳴しやすい相手は、心が通じた自分のパートナーや、家族、友人などではないでしょうか。

例えば、母親と乳飲み子の間には強いつながりがあり、言葉を使えなくても、多少離れていても、母親は子供の心・感情が解かってしまいます。一方乳飲み子は、目は見えなくても母親が近くにいるだけで安心して穏やかな心になります。

身体は離れていても、心はつながり得る、誰でも実感することであり、ある意味当たり前のことですが、科学ではこの現象を説明することができません。そもそも「心」がどうして生ずるのか説明ができません。「心」の定義もありません。

科学は物質を主対象にしているからです。脳だけを考えてしまうと、離れている別人の脳どうしが、つながる筈がないということになってしまいます。

しかし既にご説明した一連の仮説群をご理解いただければ、心がつながり得ることはむしろ自然であり、それが「宇宙のしくみ」の一環であることを納得していただけるのではと思います。心は「気の海」の振動ですから、音叉と同様に、波動が合えば共鳴し得るからです。

霊感の本質は「心のつながり」であると考えられます。

2.心のつながりは空間的にも時間的にも広がる

人間は、離れている他の人間の心とつながる潜在能力を持っています。さらに広げて考えると、今現在生きている人間だけでなく、既に亡くなった人の意識とつながり得る能力も持っていると考えられます。

前述の私の生徒さんの例のように、例えば1000km以上離れた場所に生きていた1400年以上前の人の心とつながり得るのです。

何故なら、肉体は物質で構成されているため3次元空間と時間の制約を受けますが、心や意識は非物質であり、高次元空間に広がっているからです。高次元空間では、3次元空間のような距離や時間の制約を受けないのです。それが「宇宙のしくみ」です。

日本人はしばしば神社仏閣で手を合わせて祈ります。また家で仏壇や神棚に向かって手を合わせ、先祖や神様に話しかける方々も少なくないと思います。私たちの先祖は「宇宙のしくみ」をそれとなく理解できていたと考えられます。むしろ現代人は、物質文明の進展とともに宇宙の真理からずれてきているのではと私は危惧しています。

3.霊感という言葉の広がり

「霊感」は、「心のつながり」の一部分であると考えられます。特に、亡くなった家族、先祖の霊や、事故現場近くのいわゆる浮遊霊などを見たり感じたりすることを指す場合が多いと思われますが、これらは「狭い霊感」といって良いように思われます。

それに対して「広い霊感」と言って良さそうな現象があります。

(1) テレパシー

(2) 透視

(3) リーディング

(4) 予知能力

(5) サイコキネシス(念力)

そして「狭い霊感」も「広い霊感」も人間なら誰でもその素地を持っており、個人によって発現する場合と発現しない場合があると考えられます。

また霊感を持たない人であっても、訓練や研鑽によって霊感を発現できることがあります。

前述のイタコや修行僧がその例です。

4.第六感

「狭い霊感」も「広い霊感」も、言わば「第六感」が関わっており、「気の海」に浮かぶ「意識」と「意識」の間の共鳴現象がその本質であると考えます。

人間や高等動物は五感を持ちそれぞれ、目、耳、鼻、口、皮膚などの感覚器官を持っています。これらは多細胞生物の感覚器官が高度に発達して専門化したものです。

一方、細菌などの単細胞生物には独立した感覚器官はありません。目も耳も鼻もないのに単細胞生物は、餌を探し出し、敵を察知し、立派に生きています。どのようにしてそれらを察知しているのでしょうか? おそらく第六感、あるいはその原型のようなものを持っているのではと考えられます。

動物や植物や細菌などの単細胞生物でさえ第六感のような機能によって命をつないできました。人間も元来は研ぎ澄まされた第六感によって生き延びてきたものと推察できそうです。

しかし人間の場合は文明の発達により第六感に頼らなくても生きていけるようになり、次第にその機能が退化してきたのではと考えられます。


富士健康クラブ 

   関口 素男

    sekiguchi.m@ozzio.jp













by jiriki-tachikawa | 2019-02-13 10:44 | 応用編メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧