人気ブログランキング |

富士健康クラブ

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第60号

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第60号

[フォローアップ-17]  

人間の不思議な能力 <広い霊感-5>

人間の意識が物質に影響を及ぼす他の事例です。

2.観測問題

ミクロの世界、素粒子の世界では、人が素粒子を観測しようとすると、そのこと自体が素粒子に影響を与えるという「観測問題」が知られています。観測とは人の意識によって行われる行動ですから、意識によって素粒子が影響を受けてしまうのです。このことも人間の意識が物質に作用を及ぼす状況証拠を示しています。

良く知られている「粒子と波の2面性」も観測問題の一つと考えられます。アインシュタインは、光は光子の集まりであり粒子の性質を持つとする「光量子論」を発表し1921年にノーベル物理学賞を受賞しました。一方、光には波の性質があることは以前から知られていました。光は波の性質と粒子の性質を合わせもつことになりますが、アインシュタインはその理由を説明できませんでした。なお、光に限らず、素粒子や小さな粒子は「粒子と波の2面性」を持ちます。

粒子と波の二面性については何故なのか、どのように考えればよいのか諸説がありますが、私は次の「コペンハーゲン派解釈」と呼ばれる仮説を支持しています。すなわち:

水面の波や音波のように、波は一般的に拡がりをもって振動しています。光や素粒子の波も普段は拡がりをもって振動しています。光や素粒子の波を人間が見よう(観測しよう)とすると、それまで波として拡がっていたものが瞬時に1点に縮んで粒子のように見える、というのがコペンハーゲン派解釈です。すなわち、見ていないときは波として振る舞い、見ようとすると粒子のように見えるのです。そして粒子がどこに現れるかというと、確率的に波の山や谷で現われ易いと考えられます。

コペンハーゲン派解釈は、ニールス・ボーア(18851962:デンマーク)らによって提唱されていますが、アインシュタインは納得せず、何度も論争に挑みましたが勝利できませんでした。

3.ストレスによる脳の変形

今、いじめや虐待が大きな社会問題になっています。驚くべきことに、いじめ、虐待などによって子供の脳が大きく変形してしまう実例が報告されています。

これは素粒子レベルの問題とは異なりますが、意識によって脳すなわち物質が大きく影響を受けてしまう一例と考えることもできます。

厚労省研究班は、体罰・暴言で子どもの脳が大きく「萎縮」「変形」する実例を示して注意を喚起しています。厳しい体罰により、前頭前野(社会生活をする上で非常に重要な脳の部位)の容積が20%減少し、また言葉の暴力により、聴覚野(声や音を知覚する脳の部位)が変形する他、左脳と右脳を結ぶ脳梁が縮退する実例が示されています。

いじめ、虐待などによって「親子関係の悪化」、「精神的な問題の発生」、「反社会的な行動の増加」、「攻撃性の増加」などの「望ましくない影響」が生ずるだけでなく、脳そのものが大きく変化、変形しダメージを受けてしまうのです。


********************

宇宙と生命の謎 [懇談会] のお知らせ

名称; 宇宙と生命の謎[懇談会]

日時: 20193/24(日)午後1:304:00

場所: 立川市女性総合センター:通称「アイム」

JR立川駅から北へ徒歩3~4分。 

    立川市中央図書館ビル5階 第2学習室 

参加費: 300円(資料代)

概要: 「宇宙と生命の謎を読み解く!」連続講座でご説明できなかったことや新情報などをお伝えし、また自由な議論、懇談、エクササイズなどを行う予定です。

テーマの例: 生命の起源は? 人間の起源は? 地球外生命体は? 進化論のポイントなど

できるだけ一方向でなく双方向を志向し、皆さんの日頃抱いている疑問や不思議体験などを自由に議論し、お互いに視野を拡げていけることを期待しています。
事前に予約をお願いいたします。

申込: 電話:090-8849-2582or 042-536-1273 関口まで

  EMAILsekiguchi.m@ozzio.jp


富士健康クラブ 

   関口 素男

    sekiguchi.m@ozzio.jp














by jiriki-tachikawa | 2019-02-24 14:38 | 応用編メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧