人気ブログランキング |

富士健康クラブ

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第36号

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第36号

第5章 新たな価値観の展開  

5-9.新しい価値観と大宇宙のしくみ

「大宇宙のしくみ」に関する私の仮説(第2章)によると、大宇宙は「気の海」そのものです。そして「気の海」は全ての物質、非物質の「ゆりかご」であると述べてきました。

「ゆりかご」は赤ちゃんを優しく育てる場であり、穏やかで和やかな、調和のとれた空間に包まれている筈です。決して争いや憎しみや破壊を助長するための空間ではありません。「気の海」は「愛」の拡がる空間であると考えられます。

私たちの宇宙は、138億年前に「気の海」の中に誕生し、今なお成長・発展を続けています。そしてこの地球上において、様々な生物が発生して次々と進化、発展してきました。実際には他天体や隕石の衝突その他様々な要因により多くの種が絶滅を繰り返してきました。

しかし生き残ったものが再びたくましく進化、発展して現在のような多様な生物が繫栄してきています。そしてごく最近になって私たち人類が誕生しました。この大宇宙において生命体は本質的に「進化」し、「発展」し、「多様化」する性質をもっていると考えられます。

そして全ての生物そして人類は、穏やかで和やかな「気の海」に包まれ、見守られ、育てられてきていると考えることができます。誰に見守られ、育てられているのでしょうか? それは「気の海」の中の無数の「意識」であり「心」です。

「気の海」は「根源のエネルギー」で満たされた高次元の空間であり、その振動が「意識」や「心」です。この地球上で生まれ、生きてきた全ての生物の「意識」は、高次元の性質によって、死後も「気の海」に残っています。すなわち「気の海」は身体を持たない無数の「意識」で満ち満ちています。

このことに納得できない方もおられると思いますが、視野を拡げて探求すればするほど、そのように考えるのが自然であると思えるようになる筈です。

私たちの死後に「意識」が残ると仮定した場合、私たちの死後の「意識」は何に関心を示すでしょうか? 恐らく、自分の子や孫や大事な人たちのその後を見守りたいのではないでしょうか? 

「気の海」の中の無数の「意識」は、地球上の生物を見守り、思いやる性質を持っているのです。そして地球上の生物だけでなく、「気の海」の中の他の「意識」をも、お互いに思いやり、同質の「意識」は次第に統合され昇華されていくと類推できます。

すなわち「気の海」の中の「意識」は、自己だけでなく、他者を互いに思いやる「意識」、共存・共栄の「意識」、調和を大事にする「意識」で満たされています。「気の海」は大きな「愛の海」でもあるのです。そのことによって、宇宙や生命が成長、発展してきたと考えることができます。  

古代から日本人とその先祖はそのことを直観していたと思われます。そして大自然の森羅万象に神を感じ敬ってきました。「天」や「お天道様」という言葉はその表現の一部でしょう。日本人は古くから「宇宙のしくみ」に対する感性をもち、そのことを精神性の中心においていたのです。

だからこそ物質面よりも「和の精神」を何よりも重視し、「真・善・美・律」の心を育み、「精神的な豊かさ」を大事にしてきました。その結果、世界に類を見ない永続的な発展を成し遂げ、特徴ある文化を築いてきたと考えることができます。

私が提唱している「新しい価値観」すなわち「精神性を重視する価値観」は、「第2章」でご説明した「大宇宙のしくみ」に沿っているのです。そして人類が目指すべき方向に一致していると考えることができます。


富士健康クラブ 

   関口 素男

    sekiguchi.m@ozzio.jp





by jiriki-tachikawa | 2018-04-18 15:33 | 応用編メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧