富士健康クラブ

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第24号

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第24号

第5章 新たな価値観の展開 

5-1.今何が問題か?  

1.世界情勢

20世紀末に米ソを対立軸とする東西冷戦が終焉しました。当時のある著名な未来学者は21世紀は、大きな争いのない穏やかで平穏な新世紀が到来すると予想していました。

しかし現実には、21世紀に入って16年以上経過した今なお、世界情勢は混迷を深めつつあります。国際政治、国際経済、宗教などが絡み合った深刻な「紛争」が頻発しています。シリア、イラクを中心とする中東の悲劇的な紛争、EU統合崩壊の危機、中国の膨張主義・覇権主義、ロシアの他国侵犯、北朝鮮の狂気、米国の政治的混乱などなど、様々な難問が同時進行しています。世界大戦勃発の可能性さえ論じられています。様々な紛争をどのようしたら解決できるのでしょうか? 何らかの紛争抑制対策が不可欠です。

また経済的には「格差」の拡大が大問題になっています。個人間の格差はもちろん、地域による格差、世代間の格差、国別の格差など様々な格差が拡がっています。経済的な格差が日常生活だけでなく、個人の人生の有り様、さらに健康・寿命まで左右しています。紛争地域では大量の難民が流出して深刻な国際問題が発生しています。日本国内においても、格差は地方から都市部への人口流動を促し、ますます過疎化、過密化が進行しています。様々な格差をどのようしたら縮小できるのでしょうか? 広範な格差軽減対策が不可欠です。

2.地球規模の難問

環境汚染、地球温暖化など地球規模の大きな難題が提起されて久しいですが、根本的な解決は殆どできていません。

(1)地球環境悪化

文明の発展にともなって急激に地球環境が悪化しています。自然破壊、地球温暖化、気候変動、海面上昇、ゴミ問題、放射能問題、ヒートアイランド問題、生物多様性の損壊など極めて多方面にわたります。その対策も一部行われつつありますが有効性は未知数であり、恐らく大幅に不十分でしょう。今のままでは人間をはじめとして生物の存続に深刻な影響が出そうです。

(2)資源の収奪

もっともっと深刻な大問題があります。人類は石油をはじめ様々な地下資源を急速に消費しています。46億年の地球の歴史の中で少しずつ蓄積されてきた貴重な資源を、地球史レベルで見ればほんの一瞬の数百年の間に、その多くを使い果たそうとしています。私たちは後々の子孫の資源まで奪い尽そうとしているのです。子孫に対して資源泥棒を犯していると言っても過言ではないと思います。

地球資源は本来、子孫のために今後数百万年の間、持続させなければならない筈です。しかし今のままでは、せいぜい数十年~数百年程度しか持続できない資源が多いと考えられます。私たちは、大量生産、大量消費に代表される「物質偏重の現代文明」を大幅に軌道修正する必要があります。誰でも解かる単純なことですが、実際にはなかなか動きが見えません。

(3)驚愕の格差

オックスファム(世界90カ国以上で活動する貧困対策の国際協力団体)は、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に向けて毎年、年次報告書を発表しています。2015年版によると、世界の長者上位62人と、世界の下位半数に相当する36億人の資産は、どちらも計1兆7,600億ドル(約206兆円)でした。

つまり、トップの金持ち62人の資産は、貧しい方の36億人の資産に匹敵することになります。さらに、上位グループの資産は、5年間で60兆円増えました。下位半数の資産は、5年間で120兆円減りました。

さらに、上位1%の富裕層が持つ資産額は、残り99%の資産額を上回るというデータもあります。1日あたりの生活費が1.9ドル未満という極貧ライン以下の生活をおくる下位20%の所得は1988年から2011年までほとんど動きがなかったのに対し、上位10%の所得は46%も増加しています。世界には、1日当たり200円以下で暮らしている人が20%もいます。世界の人口が73億人とすると、146,000万人もいることになります。

富裕層と貧困層の所得格差が、驚くほど急速に拡大し続けているのです。これを放置して良いのでしょうか? 良い筈がありません! では具体的にどうしたら良いのでしょうか?

(4)持続不可能な現代生活 

地球の人口は 2012年時点で70億人以上、今後も加速度的に人口増加が進みます。人口13億人超の中国は、エネルギーと資源確保のため、なりふり構わず傍若無人の振舞いを続けています。東シナ海の無断ガス田開発、尖閣諸島の収奪計画、南シナ海の領海化、西太平洋への権益拡大化など目に余るものがあります。これらの大きな要因の一つは資源確保を緊急課題と捉えているからと思います。

今後さらに人口12億人超のインドの経済開発が進み、周辺のアジア諸国の開発が進むと、それらを賄う資源とエネルギーの確保はもはや困難でしょう。私たちの現代生活は持続不可能です! 

一見持続しているように見えるのは、後々の子孫の資源まで手を付けているからに過ぎません。物質偏重の現代文明は破綻が目に見えています。大幅に軌道修正する必要があります。では具体的にどのようにしたら上記の様々な問題点を解決できるのでしょうか?

このことを考えようとする際に、人間観、世界観、宇宙観がとても大事であると私は考えています。「大宇宙のしくみ」が理解できると、考え方が大きく変わってきます。


富士健康クラブ 

   関口 素男

    sekiguchi.m@ozzio.jp






[PR]



by jiriki-tachikawa | 2017-12-25 09:34 | 応用編メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧