富士健康クラブ

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編2」] 第1号


[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編2」] 第1号  

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編2」]

はじめに

宇宙をはじめ全ての謎はいずれ「科学」が解き明かすと考えておられる方々が多いようです。しかし科学は物質を主対象にして発展してきました。非物質、例えば生命体の本質、いのち、意識、気、生命エネルギーなどは科学の不得意領域であり対象範囲外に置き去られています。見えないし観測できないからです。
一方、合気道、気功、ヨガ、太極拳、古武術、瞑想、東洋医学、精神世界などを研鑽している一部の方々は、見えない世界の不思議な「働き」を実感し、驚愕し、そして活用してきています。しかし、不思議な「働き」が何故どのようにして生ずるのか、そのしくみを説明することは困難であり、数々の謎、不思議が山積しています。

現代は物質文明が頂点に達したそのピークの時代かも知れません。それにもかかわらず現代人が幸福を感じつつ人生を謳歌し、心の底から楽しく生き生きと暮らしているかと問うと、必ずしもそうとは言い切れないのではないでしょうか。物質の豊かさと心の豊かさとは必ずしも比例しません。

地球環境は既に危機的状況にあり、回復可能かどうかが議論されています。21世紀に入って今なお、世界情勢は混迷を深めつつあります。国際政治、国際経済、宗教などが絡み合った深刻な「紛争」が頻発しています。シリア、イラクを中心とする中東の悲劇的な紛争、EU統合崩壊の危機、中国の膨張主義・覇権主義、ロシアの他国侵犯、北朝鮮の狂気、米国の政治的混乱などなど、様々な難問が同時進行しています。世界大戦勃発の可能性さえ論じられています。様々な紛争をどのようしたら解決できるのでしょうか?

また経済的には「格差」の拡大が大問題になっています。個人間の格差はもちろん、地域による格差、国別の格差、世代間の格差など様々な格差が拡がっています。経済的な格差が、日常生活だけでなく、個人の人生の有り様まで左右しています。国内の格差は、地方から都市部への人口流動を促し、過疎化・過密化が進行しています。紛争地域では大量の難民が流出して国際問題が頻発しています。様々な格差をどのようしたら縮小できるのでしょうか?
さらに、コンピュータと人工知能の飛躍的な発展により、今後社会構造が劇的に変化しようとしています。

これら難問を考えようとする際に、「人間観、世界観、宇宙観の共有」がとても大事であると私は考えています。
現在の「宇宙論」は、明らかに物質に偏重し過ぎており、見えない大事なものを放置しています。言わば「片面だけの宇宙論」であると言っても過言ではないと感じています。
前メールマガジン「大宇宙のしくみが解かってきた!」は、今までの宇宙論を大幅に拡張して「大宇宙のしくみ」を読み解いています。
その中心は、物質と非物質を結びつける「21の仮説群」です。恒星、銀河、ブラックホールなどの「物質」と、いのち、心、意識、気、生命エネルギーなどの「非物質」を結びつける「21の仮説群」によって、様々な不思議が解消しています。この仮説群は、物質の世界と非物質の世界を結びつける「統合宇宙論」と言っても良いかと思います。

なお一連のメールマガジンは、私の30数年に及ぶ探求の結果を、出来るだけ解かり易く関心をお持ちの方々にお伝えするのが主目的であり、特定宗教、特定団体との関係は一切ありません。


「応用編2」の概略構成は下記の通りです。ただし今後書き進めていく間に若干変更される可能性があります。

はじめに
第1章 健康の基本
 1-1.健康・寿命
 1-2.健康の基礎
 1-3.からだの防御システム
第2章 大宇宙のしくみ(概説)
第3章 健康のグレードアップ   
第4章 大宇宙のしくみを活かす健康法  
第5章 新たな価値観の展開
第6章 大宇宙のしくみを活かす生き方
おわりに

原則として月3回(5日、15日、25日)に発行する予定です。


富士健康クラブ 
   関口 素男
    sekiguchi.m@ozzio.jp
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2017-06-03 09:43 | 応用編メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧