富士健康クラブ

第41号   ガンを予防しましょう(1)  気功の勧め 

ガンを予防しましょう  2013年10月3日


第41号   ガンを予防しましょう(1)  気功の勧め 


本メールマガジンは、「ガンを予防する」ために何をするのかが本題です。
これまでのメイン・ストーリーを簡単におさらいしてみます。


1.これまでのメイン・ストーリー

(1)ガンを予防するためには、国立がん研究センターが言う通り、食事や
運動や休養などが大事ですが、それだけでは不十分だと筆者は考えています。
現実にガン患者は減るどころか増え続けています。

(2)生命体には、病気やガンに対する防御システムが何重にも張り巡らされ
ています。防御システムがしっかり機能すれば、簡単に病気やガンに罹ること
がないように基本設計がなされています。

(3)防御システムを機能させるためには、からだ全体の「生命力」、自然治癒
力、免疫力を高めておく必要があります。全ての細胞が生き生きと活動して、
設計通りに働くことにより、本来の基本機能、防衛機能が発揮されます。
そして、ガン細胞が大きく成長してガンを発症する可能性は小さくなります。
逆に、生命力、免疫力が低下すると、ガン化を抑えられなくなってガンが発症
する可能性が高まります。「カギ」は、生命力、免疫力を落とさないことです。

(4)生命力、免疫力を高めるためには、「気のからだ」(=エネルギー体)を
健全に整える必要があります。「気のからだ」には、生命体にとって不可欠な、
エネルギー、情報、ソフトウェア(本能)が内包されています。「気のからだ」
が整っていれば、「生命力」が高く維持され、生命体が設計どおりに働き、防御
システムも有効に機能して、ガンや病気を未然に予防することができます。
「気のからだ」は見えないけれども、生命体にとっては不可欠の極めて重要な
要素と考えます。

(5)「気のからだ」(=エネルギー体)を整える方法として、「気功」があり
ます。「気功」は、「気のからだ」を整えるだけでなく、生命体を健康に維持
するための一大テクノロジーの集合体です。
なお、「気に関わる修練」を全て気功と呼んでいます。

(6)「気功」には様々な方法、スタイル、流派があります。
様々な気功に含まれる要素を大別すると、下記の3要素に分類されます。

  (a)脱力と調身:   力の抜けた無理のない自然な姿勢 
  (b)調息:      呼吸法、 腹式呼吸法
  (c)調心:      爽やかで穏やかで前向きな心
上記の、調身、調息、調心は、相互に影響を及ぼし合います。

(7)数え切れないほど沢山ある気功の中で、メールマガジンでもお伝えでき
る簡単な気功をご紹介してきました。筆者が日常行っている「ガンを予防する
歩く気功」です。「ガンを予防する歩く気功」は、歩く時に、いくつかのポイント
を付加して歩くだけですから、その気になれば誰にでもできます。お金を出し
て気功教室に通わなくても、本メールマガジンを参考にして歩いて頂くだけで
出来ます。継続すれば実際に病気やガンを予防することができます。


2.気功の勧め 

(1)生命力、免疫力を高めるために「気功」が有効であるとお話してきました。
「気功」で「病気やガンを予防できる」って凄いですよね。
お金は1銭もかかりません。タダです!
「気功」は、一度覚えてしまえば、一生の宝物になります!

(2)病気を予防するだけではありません。簡単な病気なら「治す」ことも
できます。自分自身だけでなく、ご家族や親友など自分以外の病気にも効果
を出せるようになってきます。「外気功」といいます。

(3)更に、気功を続けていると、健康・長寿だけでなく、様々なメリット
を享受することが多くなってきます。心が穏やかになってきます。気持ちが
前向き、積極的に変わってきます。そして人間関係も次第に和やかになって
きます。人生の質がグレードアップしていきます。

(4)そして既にご説明したように、しばしば直感やヒラメキが働くように
なってきます。そしてご自分の「想い」が実現し易くなってきます。また、
ご自分にとって悪いことが起き難くなってきます。潜在能力が開花する方々も
おられます。

(5)すなわち、「気功」は、人間が本来持っている無限の可能性を引出し得る
「秘密兵器」なのです。でも、そのことに気付いている方はとても少ないのです。

(6)偉大な業績を成し遂げた人物の中には、本人は気付いていなくても、
無意識的に「気」の働きを活用しているケースが少なからずあるように思います。
一心不乱に何かに集中している状態は、気の働き、心の働きが生じ易いよう
です。気功を続けていると、凡人であってもそのような心の働きを引出し易く
なってきます。

(7)日本語には「気」という文字が含まれる言葉は数えきれないくらい沢山
あります。
  気力、気分、気合、気性、気品、気骨、気宇、気脈、気質、気配、・・・
  人気、士気、才気、元気、天気、心気、本気、生気、神気、活気、勇気、
  意気、電気、磁気、語気、邪気・・・

それぞれ微妙なニュアンスを含む言葉が多いと思います。日本人の心の
深層には、見えないものに対する鋭い洞察力があるように思います。
日本は、潜在的な「気」の大国であり、穏やかな「心」、和やかな「心」
の大国です。もう先のない、限りある物質文明の代わりに、新しい価値
観を主導できるのは日本人が一番ふさわしいように感じています。
そのためには「気」を理解し、活用できる人がもっともっと増える必要
があるように思います。

(8)病気になったら医者に頼る、薬に頼るというのは、他力依存(人まかせ)です。
自分の健康は極力、自分自身で、自力で維持するという気構えが重要です。
人間にはもともと、病気や怪我に対する防御機能、再生機能が組み込まれて
います。病気や怪我を治すのは、あくまで本人の生命力、自然治癒力、免疫
力です。自力意識が強まってくると、それらの基本機能が目覚め易くなって
きます。もちろん、救急の場合は医療に頼った方が早い場合もありますが。

(9)私は「気」を理解し、「気功」をたしなむ方々が増えれば、医療費
は相当に減少する筈と考えています。そして、社会全体が少しずつでも穏やか
で和やかな社会に変化していくものと思っています。

「気功」をお勧めする理由は以上の通りです。


[補足]  

日本の医療費総額は30数兆円、国家予算の1/3に相当します。
膨大な医療費を注ぎ込んで医療業界を潤してはいても、肝心のガン患者や
脳血管障害・心臓血管障害患者は一向に減りません。現在の西洋医学には、
超えられない限界と様々な問題点があります。
今のままでは良くないと考えています。
以上



by jiriki-tachikawa | 2013-10-03 00:00 | ガン予防2メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧