富士健康クラブ

第19号  気功とは何か?(5)   調身(2)

ガンを予防しましょう    2013年4月25日


第19号  気功とは何か?(5)   調身(2)


調身のための簡単な練習法をご紹介します。
基本は、先週の「立っているときの良い姿勢」そのままです。

[功法7] : 両手前後振り +イメージトレーニング    (両手前後振りは中国語でスワイショウと呼ばれています。)

1.両足を肩幅より少しだけ狭くして立ち、足先を前方に向け平行にします。

2.身心をリラックスさせながら、両手を左右一緒に前後に振ります。

3.両手の指先を伸ばし気味にしたままで自然に前後に振ります。
そして10本の指先を意識します。

4.上記の動作を繰り返しながら、下記のイメージトレーニングを続けます。
(1)頭から力を抜いて、力を大地に流し落としていきます。
(2)首から力を抜いて、大地に流し落としていきます。
(3)両肩から力を抜いて、大地に流し落としていきます。
(4)胸から力を抜いて、大地に流し落としていきます。
(5)鳩尾から力を抜いて、大地に流し落としていきます。
(6)お腹から力を抜いて、大地に流し落としていきます。
(7)背中から力を抜いて、大地に流し落としていきます。
(8)腰と股関節から力を抜いて、大地に流し落としていきます。
(9)お尻から力を抜いて、お尻が後側で2cm~3cm沈むように実際にお尻を
落とします。結果として膝も少し緩みます。膝を曲げてお尻を下げる
のではありません。腰とお尻から力を抜くことで結果的に膝が少し緩む
だけです。椅子に腰掛け始めたときの姿勢です。

5.上記がうまく出来ると、両足裏に身体の重みがズシーっとかかってきます。
力が抜ければ抜けるほど重みをしっかり感じられるようになってきます。

6.両足裏を意識します。そして両足裏がどんどん柔らかくなっていくイメージ
を続けます。続けていると実際に足裏が少しずつ柔らかくなってきて、足裏
全体で身体の重みを均等に支えられるようになってきます。
10本の足指もしっかり床に着くようになってきます。

7.両足裏で床をわずかづつ押し下げる意識を持ち続けます。
続けていると次第に、足裏から垂直上向きに働く作用を感じて背骨がちょっ
とだけ上に伸びたくなるような感覚が生じてきます。

8.リラックスしながら脱力しながら、出来れば上記を10分以上続けます。


一番大事なことは、頭の上から順番に力を抜いていき、最終的には股関節を緩
めながら腰とお尻から力を抜くことです。腰の周囲には沢山の筋肉が層をなして
骨盤を取り囲んでいます。それらの筋肉群を極力脱力させることが重要です。

1~3の動作は超簡単ですね。
脱力しながら両手を自然に前後に振るだけです。
この動作は、中国語で「スワイショウ」と呼ばれています。武術の鍛錬法とし
て使われています。そのスワイショウにイメージトレーニングを重ねています。

4~8は脱力と気を拡げるためのイメージトレーニングです。
大切なのは、イメージを途中で切らないで、ずーっと続けることです。イメー
ジを続けていると次第にイメージした通りに力が抜けて「気の作用」が働いて
きます。イメージトレーニングの効果はとても大きいのです。

力を抜くイメージの仕方はお好きな方法で結構です。
例えば、頭から力を抜くイメージの場合は、頭の中が上からどんどん透明になっ
ていくイメージでもOKですし、頭の中に満たされていた液体がどんどん大地に
流し落とされて水面が下がっていくイメージでも、あるいは光をイメージする
方法でも、なんでもやり易い方法で結構です。


[補足]  気感(1)

上記の両手前後振りを永く続けていると、次第に両手で「気」を感じられるよ
うになってきます。「気感」といいます。ただし短期間では直ぐに感じられな
いかも知れません。
「気感」には個人差があり、比較的早めに感じてくる方もおられるし、なかなか
感じにくい方もいらっしゃいます。気感については別途ご説明します。
気感を全く感じられなくても気功の効果はしっかり得られます。
以上
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2013-04-25 00:00 | ガン予防2メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧