富士健康クラブ

第7号  からだの歪み(1)  テスト法1


ガンを予防しましょう   2013年1月31日


第7号  からだの歪み(1)  テスト法1


3週にわたって呼吸法の基礎を説明してきました。
呼吸法は生命力を高く維持するためにとても重要です。
後日、「逆腹式呼吸法」の例もご紹介する予定です。

ところで皆さん ご自分のからだのクセや歪みを気にしたことはありませんか?
からだのクセや歪みも、生命力を阻害する要因の一つになり得ます。
先ず、次のバランステストを試してみてください。


[功法2] : バランステスト(1)

(1)畳やフローリングの床に仰向けに寝ます。両膝、両足を自然に伸ばし全身
を脱力させます。顔だけ持ち上げて、ご自分の足先の角度を観察します。足先は
少し斜め外側に傾くのが普通だと思いますが、左右の足先の角度に差がないか
チェックします。左右がほぼ同じ角度に傾いていれば取り敢えずOKです。
また出来れば、足の長さに差がないかをチェックします。

(2)風呂上りで両足が少し濡れているままで、床の上に自然に立って足跡を
つくり、少し離れて足跡を観察します。足跡の着地状況を見ることで左右前後の
アンバランスがないかを調べます。
左右対称になっているかどうか、土踏まず以外は足裏全面が均等に床に着いて
いるかどうか、両足の10本の指も床に着いているかどうかをチェックします。

(3)8畳間、出来ればもう少し広い部屋の中央に立ち、足踏みをします。
膝を高く(腿が水平になるくらいまで)上げ、手も交互に大きく振って元気に
足踏みをします。
次に、両目を閉じて、同様に足踏みを100歩続けます。
100歩足踏みしたら目を開けて、最初の位置からどの程度移動しているかを
チェックします。足踏みですから、本来は最初の位置に居る筈ですが、両目を
閉じていると実際にはかなり移動していることがあります。
家具などにぶつからないように出来ればご家族に監視してもらいます。


(1)、(2)のバランステストで、極端な左右差がある場合、および(3)の
バランステストで1m以上移動する場合は、歪みがあると考えて矯正した方が
良さそうです。


[補足] 

(1)のテストでは左右差がハッキリ出る方は少ないかも知れません。
(2)では足裏全面が均等に床に着かない方が意外と多いかも知れません。
(3)は多少なりとも前後左右に移動する方が多いと思います。
1m、2m、人によっては3m以上移動する方もいます。移動する方向も様々
です。前後にずれる場合は重心が前後に偏っています。左右に移動する場合は、
骨盤、股関節などに左右のアンバランスがありそうです。
膝の高さや足踏みの速度にもよりますが、1m以上移動する場合は骨盤などに
歪みがあると考えて矯正した方が良いと思います。

「生命力アップ」の観点からとても大事です。
次回は簡単な矯正法をご紹介します。

以上
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2013-01-31 00:00 | ガン予防2メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧