富士健康クラブ

第3号  ガンを予防するために大事なこと 

ガンを予防しましょう    2013年1月3日

第3号  ガンを予防するために大事なこと 

生命体には何重にも防御システムが張り巡らされています。全ての細胞が元気
はつらつと活動して、個々の細胞本来の機能を維持できれば、防御システム
が有効に機能します。そして病気やガンにかかる可能性が大幅に減少します。
したがって、全ての細胞、そしてからだ全体の「生命力、免疫力」を高めて
おくことが極めて重要です。

生命力、免疫力を高めるためには:


1.基本中の基本

まず、良質な食事、運動、休養、睡眠に心掛けます。そして健康に良くない
生活習慣(タバコ、過度の飲酒、栄養過多、過度の疲労・ストレス蓄積、日焼
けなど)を改めます。
これが基本中の基本です。
これは今まで言われてきたこと そのままです。

特に「食事」は、からだに必要な原材料を供給するわけですから極めて重要
です。

ただし、これらに関しては毎日のようにテレビ、新聞、雑誌、その他のマス
メディアを通して情報が溢れていますので、ここでは説明を省略します。
いずれ後日、留意点などに関して補足する予定です。


「基本中の基本」の他に大事なことが沢山あります。
普段あまり言及されないけれどとても大事なことが沢山あるのです。
これから、順を追って、時間をかけてご説明していきます。
思わぬ方向に話が進んでいくと思います。


2.生命力を阻害する要因

全ての細胞が元気はつらつと活動して、個々の細胞の本来の機能が維持され
れば、防御システムも有効に機能します。
しかし現実の日常生活においては、様々な阻害要因によって全ての細胞が
元気一杯という訳にはなかなかいかないことが多いのです。
したがって、それらの「生命力」を阻害する要因を減らしていくことが決定的
に重要です。

「生命力」を阻害する要因は沢山あります。

一番判り易い例は、酸素不足です。
全ての細胞にとって、酸素と養分の供給が不可欠です。これは、呼吸機能と
循環機能によって行われます。酸素と養分が不足すれば、細胞は機能を果た
せなくなり、生命力は落ち、最終的には細胞は死に至ります。
実は部分的にはそんなことが意外と簡単に起こってしまうのです。


3.大事なこと  -呼吸法-

「呼吸法」がとても重要です。
一般に認識されている以上に「呼吸法」が極めて重要です。

何だ! 呼吸か! 言われなくてもちゃんと呼吸しているよ! という方も
多いと思います。

我々は普段、無意識に呼吸をしています。しかし浅い呼吸をしている場合が
意外に多いと言われています。
時として、気がつかない間に呼吸がとても浅くなり、肺の一部分だけを使って
「必要量の何分の一」かの浅い呼吸をしていることが時々あります。

思い悩んでいるとき、悲しみに沈みこんでいるとき などに特に呼吸が浅く
なりがちです。この場合、身体の組織には酸素や養分が十分に届かなくなっ
て、酸欠で悲鳴をあげる組織ができます。生命力最悪の状況です。
とても病気にかかり易い状態になってしまいます。

せっかく良質な食事をして栄養分を摂取しても、それを全身の細胞に送り届け
て効率よくエネルギーに換えなければ細胞は元気になりません。

無意識ではなく、しっかり「意識した呼吸」で、全身・全組織に酸素と養分
を廻らせて、全ての細胞が設計図通りに機能できるように新陳代謝を活性化
させることがとても重要です。

「呼吸法」にも沢山の方法・スタイル・流派があります。
その中でも「順式腹式呼吸法」が基本です。
次回はその方法を具体的にご説明します。
以上
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2013-01-03 00:00 | ガン予防2メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧