富士健康クラブ

47.ガンを予防しましょう(17)  気功の勧め(2)

47.ガンを予防しましょう(17)  気功の勧め(2)

先週は「気功の勧め」について記しました。
今週も、その延長線のお話です。


1.どんな方に気功をお勧めするか?

(1)気功は、人間の可能性を引出し、高めていくためのテクノロジーです。
でも、元気な方、若い方、健康上の問題のない方にとっては、気功の効果を
ハッキリ感じられないかも知れません。もともと元気なので、改善余地が小
さいからです。

(2)逆に、体調の悪いとき、病気のとき、高齢になってきたときに、気功の
効果が顕著に感じられるようになってきます。年齢を重ねるほど、気功の威力
を実感できるようになってきます。気功は、様々な要因によって低下してしま
った生命力を、その人の本来のレベルまで引上げる力があります。

(3)したがって、中高年、熟年以降の方々や、病気がちの方々には、気功
を積極的にお勧めします。もちろん、若い方や元気な方であれば、直感やヒラ
メキが働くようになったり、ご自分の「想い」が実現し易くなるなど、気功の
様々なメリットをより早く享受できるようになるかと思います。


2.どんな気功をしたら良いか?

(1)では、気功ならどんな気功でも効果があるのでしょうか?  
気功には何千もの方法・スタイル・流派があり、効果もピンからキリまで様々
です。10年続けてもあまり効果が期待できそうにない 普通の体操や踊りに
近いものもあります。逆に少数ですが、ガンを治す力のある気功もあります。

(2)先ず、「ガンを予防する歩く気功」をお勧めします。とても簡単ですが、
調身、調息、調心を3つとも含み、効果がとても大きいのです。
ほとんどの人は毎日歩きます。歩く時に、いくつかのポイントを付加して
歩くだけですから、その気になれば誰にでも簡単にできます。
継続すれば実際にガンや病気や腰痛を予防することができます。
本メールマガジンをもう一度読み返して頂くだけで必ず出来る筈です。
そのためにかなり細部にわたってご説明してきた積もりです。
もしご不明な点があればお気軽にメールで問い合わせてください。
     EMAIL:sekiguch@m-net.ne.jp

(3)「ガンを予防する歩く気功」が身についてきたら、出来れば他の気功を
始めることをお勧めします。気功は1種類だけでなく、出来ればタイプの異
なる数種類の気功を行うことが望ましいのです。

(4)新しい気功を習うためには、気功教室や、気功サークルに入って、定期
的に練習するのが一般的です。どんな教室を選んだら良いのかは難しいですが、
下記のような教室は敬遠したほうが良いかも知れません。
○月会費が6000円以上する
○広告宣伝に力を入れている
○定期的な発表会や昇級試験へ参加を要請される
商業的であったり、家本制度的であったり、人に見せることを重視する気功は、
気功の本質から少し外れているような気がしています。気功は、生命の本質に
直結するもっと奥深く神聖なものであるように思います。

(5)どのような気功の種類があるのかは、体験参加してみるとその一端を知る
ことができます。
筆者の教室でも体験参加することができます。ただし、月によって内容が変化
します。
 

[補足]  筆者の実体験

筆者は学生時代から黎明期のコンピュータに関わり、若い頃の無理がたたって
腰椎下部を大破しています。脂汗を流しながら100m歩くのがやっとの時代が
長く続きました。整形外科をはじめ、整体、指圧、鍼灸、カイロプラクティック、
接骨医などあらゆる施術を受けてきました。名医を訪ねて九州宮崎県まで治療
を受けに行ったこともあります。最終的には、この広い日本で何処に行っても
治せる人が居なくなり、最後は自分自身の力で何とかするしかない段階に至り
ました。すなわち、他力から自力への、大きな軌道修正を行なわざるを得なく
なりました。

世の中には様々な健康法が存在します。
以後、ひとりで行う健康法を片っ端から試してきました。そして格段に効果の
高い健康法を見つけだしました。それは、呼吸法、気功、イメージトレーニング、
太極拳など、「気」を活用する健康法でした。一言でいえば「気功」です。
気と関連の少ない健康法と比べると、効果が10倍、100倍と桁違いに大きな差
があることを実感してきました。体調の悪い時は、効果の差を歴然と実感でき
ます。そして実際に「気功」の継続によって、あれほど苦しんだ症状の95%
がなくなり、人並みの社会生活を送ることができるようになりました。
「気功」恐るべし! です。

なお、残りの5%は、12年前に出会った「自力整体」で克服できました。
以降、これらを柱にした健康教室や健康サークルを主宰してきています。

筆者は、間もなく71歳になりますが、体脂肪計による「体年齢」は現在の
ところ54歳です。もちろん単なる目安に過ぎませんが、その位の体力はある
ように感じています。多分「気功」のお蔭だと思っています。
気功を続けていると、去年より今年の方が体調が良い、多分、今年より来年の
方がもっと良いことがある、毎年そんな気持ちを抱くようになっています。
そして私だけでなく、私の教室の生徒さんの中にもそのように感じている方々
が何人もおられます。


[謝意]  

昨年7月以降、10か月以上に渡って本メールマガジンをご購読いただきありが
とうございました。当初予定していた内容は本号でほぼ終了致します。
今後は、これまでに書き漏らした内容、およびガン予防に限定せず一般的な
健康増進に関する内容でしばらく続ける予定です。ただし、毎週ではなく、
月2回程度の発行を予定しています。
次回は、「逆腹式呼吸法」の予定です。骨盤底筋を鍛える効果がありますので、
特に女性の方々には重要な呼吸法と考えています。
なお、本メールマガジンのバックナンバーは、筆者のホームページからご覧に
なれます。
   ホームページ: 富士健康クラブ  fujikc.exblog.jp 
以上



by jiriki-tachikawa | 2012-06-07 00:00 | ガン予防メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧