富士健康クラブ

<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧




[宇宙の不思議・いのちの不思議]  第52号

[宇宙の不思議・いのちの不思議]  第52号

AFTER FOLLOW(3)


[トピックス]

   「大宇宙のしくみが解かってきた!」   

表記の「本と電子書籍」を発行いたしました。
副題は「21の仮説群による驚きの統合宇宙論」です。今までの宇宙論は、恒星や銀河など天体を中心とした物質ベースの宇宙論が大半でした。そして、人間をはじめとする生命体の「いのち」や「意識」や「生命エネルギー」など非物質に関しては触れられませんでした。しかし、宇宙は物質だけで構成されているわけではありません。生命をはじめ見えない非物質の世界が極めて重要な役割を担っています。本書では物質と非物質とを結びつける21の仮説群によって、今までの宇宙論を大幅に拡張し「大宇宙のしくみ」を読み解いていきます。

<本>
タイトル: 「大宇宙のしくみが解かってきた!」(280ページ) 
価格:    1700円(税込)
著者:    関口素男
発行所:   カクワークス社 グッドタイム出版 
注文:   ◎全国書店:  タイトルと著者名で注文
      ◎インターネット注文: アマゾン     
      ◎インターネット注文: 楽天  

<電子書籍>
タイトル: 「大宇宙のしくみが解かってきた!」(本と同一内容)
価格:    1200円(税込)
著者:    関口素男
発行所:   カクワークス社 グッドタイム出版 
注文:   ◎インターネット注文: アマゾン     
      ◎インターネット注文: 楽天  

大宇宙とは何か? 意識とは何か? 気とは何か? いのちとは何か? 
これらを読み説くことによって宇宙の様々な不思議が次第に解消していきます。


[補足]

宇宙をはじめ全ての謎はいずれ「科学」が解き明かしていくと考えている方々が多いようです。しかし科学は物質とそのエネルギーを対象にして発展してきました。非物質、例えば生命体の本質、いのち、意識、気、生命エネルギーなどは科学の不得意領域であり対象範囲外に置き去られています。見えないし観測できないからです。
一方、合気道、気功、ヨガ、太極拳、瞑想、東洋医学、精神世界などを研鑽している一部の方々は、見えない世界の不思議な「働き」を実感し、驚愕し、そして活用してきています。しかし、何故不思議な「働き」が生ずるのか、そのしくみを説明することは困難であり、数々の謎が山積し放置されています。未だに仮説さえ殆どありません。
私は健康上の理由から30年以上それらに深く関わり追求してきましたので、私なりの仮説を積み上げてきています。
この書籍は、2014年1月から2015年11月まで隔週で発行してきた、メールマガジン「宇宙の不思議・いのちの不思議」を書籍化したものです。若干の編集を行いイラストなども追加しましたが、内容は基本的にメールマガジンと同じです。書くべきことはまだまだあるのですが、本としての紙数の制約があり、今回は下記の目次の範囲内に留めました。

この本は従来の科学常識を超越して対象範囲を大幅に拡げています。この本を読まれる方は、暫くの間「常識」を棚上げしてからお読みください。現代科学で説明できない不思議が少しずつ解消されていくことと思います。ご友人にもご紹介頂ければ幸甚です。


***************************

目次

 [大宇宙のしくみが解かってきた!]

まえがき

第1章 宇宙の不思議
[1-1] 太陽系の姿
[1-2] 銀河の姿
[1-3] 銀河のなりたち
[1-4] 宇宙の姿
[1-5] 相対性理論
[1-6] ブラックホールの不思議
[1-7] 次元の不思議
[1-8] ダークマターの不思議
[1-9] ダークエネルギーの不思議

第2章 ミクロの世界の不思議
[2-1] 量子論とは?
[2-2] 物質の根源は?
[2-3] 素粒子の影武者
[2-4] 量子論のポイント
[2-5] 超ひも理論
[2-6] ミクロの世界の不思議 

第3章 生物の不思議
[3-1] 生物の多様性        
[3-2] 生物の戦略        
[3-3] 小さな変わり者        
[3-4] 生物とは何か?       
[3-5] DNAと遺伝       
[3-6] 進化論の流れ       

第4章 いのちの不思議
[4-1] 人間の不思議  
[4-2] 脳の不思議
[4-3] 意識とは何か? 
[4-4] 心とは何か?
[4-5] いのちとは何か?
[4-6] 気の働き
[4-7] エーっ! 本当ですか?!  

第5章 大宇宙のしくみ <仮説>
[5-1] 仮説の前に
[5-2] エネルギー、空間、物質
[5-3] 気、心、情報 
[5-4] 意識、潜在意識、気のからだ
[5-5] 意識の特性
[5-6] いのち、叡智
[5-7] 意識の賑わい、神、大宇宙

第6章 まとめ  
[6-1] 仮説の独創性      
[6-2] 仮説に対するQ&A       
[6-3] 様々な不思議と仮説との関連   
[6-4] 真理追究の手法
[6-5] 宇宙論と関連する分野

あとがき

***************************


なお、メールアドレスが2016年から下記に変更になります。


富士健康クラブ 
   関口 素男
    sekiguchi.m@ozzio.jp
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2015-12-17 18:05 | 不思議メールマガジン

[宇宙の不思議・いのちの不思議]  第51号


[宇宙の不思議・いのちの不思議]  第51号

AFTER FOLLOW(2)

前回、「仮説21」を追記いたしました。
今回は、そのQ&Aを掲載いたします。


<<仮説21>>  

「気の海」には多数の「宇宙」が浮かんでいる。
私たちの「宇宙」もそれらの一つである。
「気の海」は、天体、物質、非物質、多宇宙など、すべてを包含する「大宇宙」である。


Q.「宇宙」と「大宇宙」の違いは?

A. 「宇宙」は、私たちが普通に考えている宇宙であり、太陽系や銀河などの天体や、人間や生物を含む物質を主体にした宇宙です。ここでの「大宇宙」は、それらに加えて「気や心や意識やいのち」など非物質をはじめ、すべてを包含する無限大の宇宙です。
「宇宙」は、3次元空間と時間の制約を受けますが、「大宇宙」はその制約を受けずに、高次元空間にまで拡がっています。

「大宇宙」は、「根源のエネルギー」が無限に拡がる広大無辺の宇宙であり、「気の海」と同一です。「気の海」は、物質、非物質はもちろん、すべての存在と現象の舞台であり、揺りかごであり、ふるさとです。

さらに、「気の海」の中に、多数の「宇宙」が浮かんでいると考えます。そのうちの一つが私たちの「宇宙」です。私たちの「宇宙」は「気の海」から見ると、「サブ宇宙」の位置づけになります。私たちの「宇宙」の他にも多数の宇宙があるという考えは、先端科学者の中でも次第に拡がりつつあります。
なお、私たちの宇宙をはじめ多くの「宇宙」は3次元空間に存在すると考えられます。

「気の海」は、物質や天体はもちろん、心や意識やいのちなど、あらゆるもので賑わっています。大宇宙の本態は「気の海」であり、ここから全てが生まれると考えます。



「TOPIX」

現在、本メールマガジンの内容を書籍化して、「本」と「電子書籍」として出版すべく準備中です。発売は12月中旬の予定です。その中では、上記の「仮説21」やそれに関するQ&Aなども包含いたします。次号でご案内いたします。
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2015-12-03 00:05 | 不思議メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧