富士健康クラブ

<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧




[宇宙の不思議・いのちの不思議] 第33号

[宇宙の不思議・いのちの不思議] 第33号

第4章 いのちの不思議

[4-4] 心とは何か? 

「心とは何か?」を誰かに説明しようとすると、明確に説明するのは意外に難しいのではないでしょうか? 実際のところ自分自身の心でさえ十分には把握できないのが現実かと思います。
一般的な「心」の定義はありません。そして人によって「心」の捉え方や範囲が大きく異なります。
ギリシャ時代はもちろん、さらに古く古代インドのウパニシャド哲学の時代から、人類は「心とは何か」について思惟をめぐらせてきました。様々な哲学者、宗教家、心理学者、生物学者、物理学者たちが、心について思索を行ってきました。


1.心と脳の関係

心に関しては、「心」と「脳」の関連をどのように考えるのかによって、大きく2つの考え方に分けることができます。

(1)現代科学においては、心は脳の働きによる副産物と考えています。心は脳の神経ネットワークから生じる随伴現象であり、いわば副次的な存在と考えます。したがって脳が機能停止したら心は自動的に消滅するというものです。「唯物的一元論」とも言われます。
その説明として、脳に損傷を与えると心に異常をきたしたり、記憶が失われるといった症例を挙げます。また脳の一部を刺激することによって幻覚や幻聴がつくり出されるといった現象を取り上げます。そして精神障害(心の病気)は、脳の異常として捉えます。

(2)一方、たとえ脳の機能が停止しても、それは物質レベルの不全に過ぎず、心の存在とは切り離して考える立場があります。すなわち、脳という物質から独立して心(意識)が存在するという考え方です。「心身二元論」とも言われます。
歴史的にはこの考え方が多いと思われます。ソクラテスやプラトンの哲学もそうした見解に立っています。また死後の心の存続を肯定する宗教がたくさんあります。


2.心の病気への対応法

心をめぐって対立する2つの考え方は、心の病気を扱う対処方法にも相違ができています。

(1)心は脳の働きの副産物であると考える「唯物的一元論」では、科学性を重視し唯物医学の立場に立とうとします。そして心の病気を「脳の異常」として考えます。
すなわち、物質である脳の働きや異常状態を追及して、物質ベースの治療法に傾きます。結果として薬物療法や手術が多くなります。

(2)心と脳(物質)を同じものとは見なさない「心身二元論」では、心の病気は心を中心に分析し治療すべきであると考えます。すなわち、臨床と会話による治療を優先し、精神分析や暗示療法など多くの心理療法を生み出してきました。


3.心の異常
   
心とは何かを考える上で、心の病気や異常を知ることがヒントになります。心の病気は実に様々あります。そしてその原因も様々であり、原因不明の病気もあります。良く知られた心の病気として次のようなものがあります。 

認知症、うつ病、統合失調症、パニック障害、てんかん、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、発達障害、適応障害、摂食障害、性同一性障害、解離性障害・・・

認知症は脳の退縮が原因と言われています。一方脳の異常だけで説明し難い病気もあります。
解離性障害の中に「多重人格障害」があります。本人の人格以外に複数の別の人格が現れる障害のことを言います。別の人格は突然本人の人格と入れ替わって、その人の行動をコントロールします。一人の女性に20人以上の人格が現われる事例が報告されています。そして人格が交代するごとに、行動、表情、話し方、言葉づかい、声色、顔色まで大きく変化します。
さらに「憑依」という現象があります。自分の心の中に、他人の心が入ってくる、あるいは影響を受ける現象です。様々なパターンがありますが、これら「多重人格障害」や「憑依」を物理的な脳の異常とするのは無理がありそうです。脳に起因する病気もあるし、そうでない心の病気もあると考えるべきと思います。


4.近代科学と心

近代科学は、17世紀前半のフランスの哲学者ルネ・デカルト(1596年~1650年)に始まると言われています。デカルトの「物心二元論」(物心二分論)が科学のスタート・ポイントになっています。

デカルトの哲学は、心(意識)と物質(肉体)を徹底して分離し、この宇宙は人間の心や意識とは関わりなく存在し、人間の影響を全く受けずに規則正しく運動し続けていると考えました。以後、見えない難解な部分を切り離し、判り易い見える領域だけを対象にすることで、科学が大いに発展しました。しかしデカルト自身は、見えない世界の重要性を十分に認識して盛んに研究していました。

また17世紀後半に登場したアイザック・ニュートン(1642年~1727年)も、デカルトの物心二元論と同様の宇宙モデルに立脚しました。科学の中から意識(心)を排除することによって、近世以前の宗教的迷信の介入を徹底して否定しようとしたのです。しかしニュートンをはじめ当時の研究者の多くは、見えない世界を十分に認識していました。

厄介な心が分離されることで、物質を追究する科学は身軽になり、物理学を中心にして大いに発展しました。一方、心を始めとする非物質の観察は容易ではなく再現性もないため進歩が大幅に遅れました。
科学はニュートンの時代から急速に発達し、19世紀末には様々な物理現象がニュートンおよびその後の新理論で説明できるようになってきました。そして20世紀の前半には、科学至上主義が台頭してきました。
多くの科学者は科学の万能性を信じ、心は脳の働きによる随伴現象であり副産物に過ぎないとまで考えるようになりました。科学のスタート・ポイントであったデカルトの「物心二元論」から「唯物的一元論」に変質してしまったのです。


5.新しい兆し

「唯物的一元論」は、科学者、脳科学者、医学者の多くから支持されてきました。ところが脳科学の権威であるワイルダー・ペンフィールド(1891年~1976年)やジョン・C・エックルス(1903年~1997年)が、後年その立場を大きく変えて、脳から独立した心の存在を認める見解を出し、科学界、医学界に大きな衝撃と波紋を巻き起しました。
しかも、心(意識)と物質(脳)の間に相互関連性があると主張しています。デカルトの「物心二元論」は、心と物質の間には関連性はないと考えましたが、ペンフィールドたちは、心と物質は影響を及ぼし合っているとし、新しい二元論「相関的二元論」を提示しました。

しかしこれらの新見解は、いまだに脳科学者、医学者、そして多くの科学者に受け入れられてはいないようです。これを認めることは現代科学の固執する「唯物的一元論」を否定することにつながるからかも知れません。科学界は「心」の扱いをめぐって今なお混乱しているようです。


<補足> 1分間哲学散歩

人間とは何か? 人間と宇宙の本質を考察し追及するのが哲学です。先ず、ギリシャ哲学をチラっと眺めてみます。

「ソクラテス」(紀元前469年頃~399年)は、人間にとって正しい「知」を得ることが何よりも重要であるとして「主知主義」の哲学を展開しました。人智は僅少に過ぎず、自分の知恵は小さいことを自覚する者が賢者であると考えました。そして人間の肉体は滅びても魂は生き続けると考えました。

「プラトン」(紀元前424~347年)はソクラテスの哲学を受け継ぎ「知を愛する人」こそが最良の人であり、リーダーになるべき人であると考えました。そして本当に実在する世界の本質は見えない「イデア」であって、我々が五感を通して感じている世界はあくまで「イデア」の<似像>にすぎない、とするイデア論を説きました。見えない世界を重視したのです。「霊―肉二元論」とも言われます。

大幅に時代を下り、17世紀のルネ・デカルトは、すべての存在を吟味し、疑い、絶対確実に存在するものは何かを追究しました。そして疑いをはさむ余地のないものは、今まさに疑いかつ考えている自我だけであると結論づけました。いわゆる「我思う故に我あり」です。考えている「自我」は確実に存在し、考え、意識する主体であると捉えました。

そしてデカルトは、物質と心を切り離して考えようとする「物心二元論」を提唱したのです。それを契機にして、容易に観察できる物質の追及が急速に進み、科学が目覚ましく発展しました。一方心を始めとする非物質の追及は大幅に遅れました。物質と心に関して、その理解度のバランスが大きく崩れているのが現状と思います。


第5章で心や意識に関して大幅に視野を拡大して考える私の仮説をご紹介いたします。
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2015-03-26 00:00 | 不思議メールマガジン

[宇宙の不思議・いのちの不思議] 第32号


[宇宙の不思議・いのちの不思議] 第32号

第4章 いのちの不思議

[4-3] 意識とは何か?  
  

第1章では宇宙などマクロな世界を対象に、第2章では、ミクロの世界の不思議、第3章では生物の不思議を概観してきました。そして第4章 いのちの不思議 の前回までは、いずれも公知の最新情報に基づいています。
ニュース、新聞、インターネット情報、科学雑誌、本、テレビ番組など、誰でも入手できる情報と私の記憶を基にして、私自身の言葉で記してきました。

ここから先は、「見えない世界」、「非物質の世界」の記述が多くなりますので、誰もが認める客観的な情報は少ない分野です。したがって私自身の実体験、実感、考察に基づく主観的な記述が多くなりますのでご了承ください。


1.意識とは?

意識とは何でしょうか? 
私は目が覚めているので、意識があります。今文章を書いている最中なので意識があります。周囲の雑音が耳に入っている筈なのに、作業に集中しているため雑音が意識にのぼりません。熟睡している時は多分意識がありません。・・・

意識とは、覚醒している状態であり、目や耳や皮膚などの感覚器官からの情報を知覚したり、それらをもとにして快・不快など様々な感情が呼び起こされる状態です。意識は個人的な「心の中の現象」であり主観的なものです。

意識研究は、様々な角度から追及が続けられていますが、謎に満ちています。意識と脳の間に深い関係があることは誰でも解かりますが、具体的な相互作用のメカニズムは解っていません。
脳は神経細胞(ニューロン)などの物質の集合体です。一方、意識は非物質です。物質から如何にして非物質である意識や心が生み出されるのか全く説明できないのです。このことを意識の「ハード・プロブレム」と呼んでいます。本質的に難しい問題と捉えており、現在は全く歯が立たない状況です。

一方、脳に何かの刺激を与えたり、意識を絞り込んだ状態のときに、脳のどの部分が活動しているのか調べることは、「イージー・プロブレム」と呼ばれています。現在はこちらの研究が大多数を占めているようです。具体的には脳の働きの分布状況や情報経路などの調査が中心になっています。


2.意識の切り替え

散歩中に前方から歩いてくる男女を見ているとき、意識は男性の方に向いたり、あるいは女性の方に向いたり、顔や服装などに絞り込まれたり、意識の向く場所や内容が刻々と変化しますね。
視覚だけでなく、聴覚や嗅覚など様々な感覚器官からの情報が同時に脳に伝達されていますが、意識はそれらの中の狭い範囲に絞られ、また移り変わっていくことが多いようです。
瞬間ごとに変化する脳内の様々な情報や活動の中で、何を捨て、何を重視すべきか判断する選択機能があると考えられます。その選択に従って意識が向けられ、意識が絞り込まれることになります。この選択機能は、「自我」や「私」の中心機能かも知れません。

意識(心)は、脳とは別の精神活動であると考える「脳と精神の二元論」があります。17世紀のルネ・デカルト以来の考え方です。
一方、現在の多くの科学者は、全てを脳の働きとして説明しようとしています。すなわち、物質である脳の活動結果として付随的に意識(心)が発生すると言うのです。しかし核心には迫れていないのが現状です。


3.意識と潜在意識

意識には、私たちが意識できる部分と意識できない部分があります。意識できる部分を顕在意識といい、意識できない部分を潜在意識(無意識)と呼んでいます。私たちの意識は2重構造になっています。
この潜在意識の重要性にいち早く着目したのは、オーストリアの心理学者「ジクムント・フロイト」(1856.5.6~1939.9.23)です。その後の研究において、潜在意識は私たちの普段の行動、思考、意思決定にも大きく関わっていることがわかってきました。

さて、潜在意識をさらに追及したのが、スイス生まれの心理学者「カール・グスタフ・ユング」(1875~1961)です。
人間の意識に関するユングの説は、次のように氷山に例えて考えると解かり易いかも知れません。
普段、私たちが意識している顕在意識は、氷山にたとえれば、海の上に顔を出している小さな部分に相当し、潜在意識は海中に沈んでいる大きな部分に相当します。つまり、顕在意識が意識の中に占める割合はほんの一部分に過ぎず、海中に沈んでいる部分、つまり潜在意識が意識の大部分を占めています。
ユングは潜在意識をさらに2つに分けました。「個人的無意識」と、さらにその奥深くに広がる「集合的無意識」です。


意識―――顕在意識
 l
l―潜在意識―――個人的無意識
        l
l―集合的無意識

個人的無意識は、生まれてから現在に至るまでの各個人の経験から構成された無意識であり、その内容は各個人によって異なります。
集合的無意識は、個人の経験の領域を超えて人類に共通の無意識領域のことを言います。何と、潜在意識の奥深くは、自分だけでなく他の人々の潜在意識とつながっているというのです。私達の肉体は、一人一人分離した個体なのですが、意識(心)の面から見るとすべての人間の意識(心)は奥底で一つにつながっているわけです。

「ユング」は多数の精神病患者を診察し、観察する中で、そのように考えないと説明ができない事象を多く見てきたのだと思われます。現在の心理学者でも「ユング」の仮説については賛否両論あるようです。物質重視の心理学者は、そんな馬鹿なと頭から否定する人もおられるようです。
「唯脳論者」はその極みかも知れません。
残念ながら「意識」とは何かについて共通認識がないのが現状です。

私自身は、ユングの集合的無意識論を支持しています。別途ご説明しますが、視野を拡げれば極めて当然と思えてくるようになります。そして多くの不思議が解消していきます。
現代科学は物質重視に偏重し過ぎており、「意識や心やいのちや気」など非物質の存在に対して理解が大幅に不足していると考えています。本メールマガジンはそれらに光を当て宇宙の本質に迫ろうとしています。
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2015-03-12 00:00 | 不思議メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧