富士健康クラブ

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧




[宇宙の不思議・いのちの不思議]   第11号 


[宇宙の不思議・いのちの不思議]   第11号 

第1章 宇宙の不思議

[1-9] ダークエネルギーの不思議

1.ダークエネルギーとは?

(1)20世紀前半のハッブルらの発見以来、宇宙が膨張していることは知られていました。ところが近年になって驚くべき事実が判明しました。遠方の銀河を精密に観測することによって、宇宙の膨張は加速度的にますます膨張していることが判りました。そして異なる他の方法で調べても、やはり宇宙は加速度的に膨張していることが確認されました。1998年、わずか10数年前のことです。

(2)それまでは、宇宙は膨張していても次第に膨張速度が弱まり、やがて平衡するか、あるいは緩やかな収縮に向かうのでは、と考えられていました。ところが宇宙が膨張する速度は、年月の経過とともに大きくなっているわけです。

(3)それを説明するためには、星や銀河や銀河団が相互におよぼす引力(重力)に対抗して、宇宙を加速度的に膨張させ得る巨大なエネルギーが必要になります。しかしその実態は全く不明であるため「ダークエネルギー」(暗黒エネルギー)と呼ばれています。

(4)現在の宇宙では、星や銀河や銀河団などを構成する全ての物質を集めても、物質合計は宇宙全体の4.9%しかないことが判っています。残りはダークマターとダークエネルギーで95.1%を占めており、未知の物質と未知のエネルギーがほとんどを占めていることになります。宇宙は未知だらけ、謎だらけなのです。
 
       [宇宙の構成比率]
   ○物質合計            4.9%
   ○ダークマター(未知)    26.8%
   ○ダークエネルギー(未知) 68.3%

(5)ダークマターとダークエネルギーは何が違うのでしょうか? 
ダークマターは重力作用を及ぼすので「物質」です。ただしどのような物質なのかが不明です。物質を細かく分解していくと、これ以上分解できない素粒子に行きつきます。素粒子にも沢山の種類があります。また、理論的に存在が予言されているだけで実際に発見されていない素粒子もあります。恐らくそれらのどれかではないかと考えられています。

一方、ダークエネルギーは物質ではなく「エネルギー」です。形がありませんから観測が格段と難しいのです。
また、ダークマターは質量に応じた「引力」を作用させますが、ダークエネルギーは反対に「斥力」(反発力、反重力)を及ぼすと考えられます。


2.ダークエネルギーの正体は何か?

ダークマターの場合は、未知ながらも一応2~3の候補があります。
しかしダークエネルギーの場合は、全く正体不明な状態です。ダークエネルギーは恐らく宇宙空間に均一に拡がっていると考えられていますが、その実体は何も解かっていません。現代科学における最大の不思議といっても良いと思います。


<私見>

(1)宇宙に関して、アインシュタインをはじめ、ほとんどの科学者の関心は、物質やエネルギーと、それらに関する様々な現象に向けられています。惑星や恒星、銀河や銀河団などの物質、そしてそれらの入れ物である宇宙の拡がりや成り立ちなどに関心が集中しています。

(2)しかし、大変大事なことが忘れ去られています。宇宙は物質やエネルギーだけで構成されているわけではありません。私は、人間をはじめとする生命体が宇宙の重要な構成要素であり、人間にとっては、それらによる様々な現象、そしてそれらと物質との関わりが、より重要であると考えています。

(3)劇場に例えると、物質だけの宇宙は劇場のハードウェア、すなわち建物と舞台装置に過ぎず、本当の主役は生命体すなわち人間(役者、スタッフ、観客、そして制作者)であると考えることができます。主役を無視して舞台装置だけに注力しても「お芝居」になりません。

(4)人間には「心や気やいのち」が深く関わっています。それらが人間をして人間たらしめていると言って良いと思います。しかし多くの科学者は、それらに目を向けません。我関せずと放置しています。全く無関心の科学者も多くいます。見えないし、観測が難しく、歯が立たないのです。
後の章で述べますが、「心や気やいのち」は物質に作用を及ぼすことがあると私は考えています。

(5)宇宙空間からガスやチリや全ての物質を取除いた空間を「真空」といっています。
私は、真空も実は空っぽではなく、「根源のエネルギー」で満たされていると考えています。すなわち宇宙空間は「根源のエネルギー」の働く場であると考えています。

(6)そして、ダークエネルギーも、ダークマターも根源のエネルギーと密接に関係していると考えています。

(7)さらに、根源のエネルギーは3次元空間に留まらず、高次元空間に拡がっていると考えています。そして「心や気やいのち」と密接に関わっていると考えています。なお、根源のエネルギーは、日本ではしばしば「気」という言葉で表現されています。

(8)残念ながら現在の宇宙論のほとんどは物質レベルに留まり、「心や気やいのち」を考慮に入れていません。したがって数々の「不思議」が未解決のままに残っています。相対性理論も、対象を物質とそのエネルギーと空間だけに限定した狭い理論であると私は感じています。



「第1章 宇宙の不思議」 はここまでに留めたいと思います。科学が進歩しているとは言っても、不思議がまだまだ一杯残っていることをご理解して頂ければ十分です。
その中で特に重要な、ブラックホール、ダークマター、ダークエネルギーなどにスポットをあててご説明してきました。他にも、宇宙の始まりはどうだったのか? 宇宙の最後はどうなるのか? 地球外生命体はいるのか? などなど不思議や謎は無数にあります。紙数に余裕があれば後の章で触れたいと思っています。


なお、<私見>と題した部分は、私自身の個人的見解を一部挿入しました。私見に関しては、第5章 宇宙のしくみ -仮説- において、あらためてまとめてご説明する予定です。

次回は第2章に進みます。
第1章では宇宙などマクロな世界を対象にしましたが、第2章では、逆にミクロの世界を概観していきます。構成は下記を予定しています。


第2章 ミクロの世界の不思議

[2-1] 量子論とは?
[2-2] 物質の根源は?
[2-3] 素粒子の影武者
[2-4] 量子論のポイント
[2-5] 超ひも理論とは?
[2-6] ミクロの世界の不思議 
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2014-05-22 00:00 | 不思議メールマガジン

[[宇宙の不思議・いのちの不思議]   第10号 


[宇宙の不思議・いのちの不思議]   第10号 

第1章 宇宙の不思議

[1-8] ダークマターの不思議

1.ダークマターの存在理由

宇宙には、未知の物質が大量に存在していると考えられています。未知の物質なので「ダークマター」(暗黒物質)と呼ばれています。

銀河や銀河団の動きを詳細に観測すると、ダークマターを想定しない限り説明できない現象が複数あるからです。

(1)太陽系の惑星の公転速度は、太陽に近い惑星(水星、金星など)は速く、遠い惑星(天王星、海王星)ほど遅くゆっくり動いています。ケプラーの法則として知られています。簡単に言えば、太陽系の質量の大半は太陽に集中しているからです。太陽に近い惑星には巨大な太陽の重力が作用するので、速く動いて遠心力を大きくしないと引力とのバランスが取れないからです。

ところが、銀河を構成する星の動きは、銀河の中心に近い星も、遠く離れた星もほとんど変わらない速度で動いていることが発見されました。それを説明するためには、銀河全体を取り囲むように大きな質量が分布している必要があります。しかし見える銀河の星々の総重量では全く不足しています。すなわち、見えない未知の物質が銀河周辺に大量に存在すると考えられます。

(2)一方、銀河が多数集まって銀河団が構成されていますが、銀河団としてまとまるためには強力な重力が必要です。重力が足りないと、個々の銀河はそれぞれの運動によってバラバラに離散してしまいます。離散せずに銀河団としてまとまりを維持するためには、銀河団全体を取り囲むように大きな質量が分布している必要があります。
しかし実際に銀河団に含まれる全ての銀河の総重量を計算しても、各銀河を留めるのに必要な量よりも遥かに質量が不足していることが判っています。すなわち、見えない未知の物質が銀河団周辺に大量に存在すると考えられます。

(3)以上のように、銀河自体の回転運動や、銀河団としてのまとまりの維持を説明するためには、銀河や銀河団それぞれを取り囲むように、未知の質量、すなわちダークマターが大量に存在していると考えざるを得ません。

2.ダークマターの量

(1)ダークマターの質量を推定計算すると、宇宙に存在する既知の物質総重量のなんと5倍ほどの質量になります。重量を生み出すので、物質の仲間であるのは間違いないのですが、分子や原子ではなく、その実態は不明です。

(2)私たちの宇宙には、未知のものが5倍もあり、その実態が解かっていないということになります。次節で述べますが、実はダークマター以外にも未知のものが更に多く存在しており、既知の物質は、宇宙全体の僅か5%に過ぎないことが判っています。
宇宙の95%は未知なのです。

(3)なお、最近になって実際の銀河団内のダークマターの分布状況が判ってきています。見えないため直接ダークマターを観測することはできないのですが、大きな質量を持つため「重力レンズ効果」を引き起こします。その影響を丹念に調べることによって、間接的に質量の拡がりや分布状況や密度が判ってきました。
そしてダークマターの粗密と、銀河の分布の粗密が対応していることが判ってきました。すなわち、ダークマターが密な領域には、銀河が密に存在しているのです。

(4)もし、ダークマターが存在しなかったら、今のような宇宙は形成されなかったかも知れません。大量に存在したダークマターの分布のムラによって重力の粗密ができ、それによって物質の集散が進み、次第に星が形成されていったと考えられます。ダークマターの大きな質量とそのムラがあったからこそ、現在の星や銀河や銀河団が成立できたと考えられています。


3.ダークマターの正体は何か?

(1)ダークマターとは未知の物質という意味合いです。何故未知なのか? 見えないからです。直接観測できないからです。

(2)宇宙に浮かぶ普通の天体は、光や赤外線や電波や紫外線やX線などのいずれかを出しています。しかしダークマターはこれらを出さないため直接観測できないのです。

(3)では、ダークマターの正体は何でしょうか?
ダークマターの候補として下記が挙げられてきました。
・原子
・ブラックホール
・暗い天体(宇宙空間を漂うガス、チリ、岩石など)
・恒星の残骸(褐色矮星、中性子星など)
・ニュートリノ

(4)しかし上記はいずれもダークマターの候補から外されました。様々な状況証拠から「ダークマターとしての必要条件」を満足できなかったからです。


4.ダークマターの必要条件

(1)今までの観測結果から得られたダークマターとしての必要条件は下記の通りです。

〇どんな種類の電磁波(光)も出さない。
〇どんな物質ともぶつからない。
〇宇宙における総重量が、見える全物質の約5倍存在する。
〇宇宙初期に速度ゼロの冷たい物質であった。

(2)現在のところダークマターの正体は不明です。
ただし可能性のある候補として下記の2つが上がっています。

◎ニュートラリーノ:光子などの超対称性粒子
(未発見)
◎アクシオン(未発見)

両方とも素粒子ですが、理論的に存在が予想されているだけで実際に発見されているわけではありません。ダークマターの正体は謎に包まれているのです。
なお、超対称性粒子については、2章で簡単にご説明します。


<私見>

ダークマターに関しては、いずれ遠からずその正体が判明すると私は思っています。物質であることは間違いありませんし、その候補も絞られていますから、発見し易いと考えられます。
もう一つ、世界中の研究者がしのぎを屑って発見競争を繰り広げているからです。昨年までは 多くの科学者がヒッグス粒子(物質に質量を生じさせる原因粒子)の発見に注力してきました。しかし2012年~2013年秋にヒッグス粒子が発見されて以降、研究者の眼がダークマター発見に向けられています。
具体的に発見できればノーベル賞の可能性が極めて高いと思われます。
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2014-05-08 00:00 | 不思議メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧