富士健康クラブ

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧




第49号   太極拳とは? (3) 

ガンを予防しましょう    2013年11月28日


第49号   太極拳とは? (3) 

太極拳に関しての最終回です。
今回は、既に太極拳を行っている方々を念頭に記します。

7.太極拳のポイント

(1)太極拳の最大のポイントは、「力を抜きながら、意識の働きと、気の
働きを活用する」ことです。力が抜けないと、気の働きを活用することが
できません。結局は、筋肉を使って手足や腰を動かすことになり、「太極拳風
の体操」になってしまいます。
力が抜けてくると、「身体の内側からの働き」を活用する本来の太極拳の動き
になってきます。
力を抜くことが出来るか、出来ないかで天地の差ほどの大きな相違が生じます。

(2)力の抜けた本来の太極拳の動きになっているかどうか簡単に見分ける
ことができます。例えば、太極拳の練習を2時間した後、疲労感を感じるよ
うなら、まだ本来の太極拳の動きになっていないと考えて良いと思います。
筋肉の力を使っているから疲れるのです。

(3)力が抜けて、本来の太極拳の動きになっている場合は、ほとんど疲労
感がない筈です。それどころか、身体中に気が充満して、しばしば爽快感、
軽快感、昂揚感を感じられるようになってきます。健康効果がとても大きく
なります。

力を抜き、意識の働きと、気の働きを活用することがとても重要です。


8.身体の内側からの「働き」とは何か?

(1)身体の力が抜けてくると、足裏全面でからだの重みを感じられるよう
になってきます。力が抜ければ抜けるほど、ズシーっと足裏で重みを感じら
れるようになってきます。

(2)この重みに応じた強さで、「身体の内側からの働き」を感じられるよう
になってきます。足裏から上昇するような、拡がるような、繋がるような
感覚であり、微妙な感覚です。この働きは頸力(けいりょく)と呼ばれる
ことがありますが、気の拡がりと言って良いと思います。

(3)この「身体の内側からの働き」が作用すると、自然に背筋が柔らかく
伸び、うなじも伸び、腕や手指が自然にしなやかに伸び、脚も自然に伸びて、
気の拡がりに応じて身体全体が気持ちよく拡がる感じがしてきます。
このとき身体は、しなやかで武術的にとても強い状態になっています。

(4)動く時や、相手に作用を及ぼしたい時は、この内側からの働きを感じ
ながら、利用しながら、軽やかに動きます。動く前や、動き終わったときは、
身体の力をしっかり抜いて、足裏全面でからだの重みを感じられる状態に戻
します。

(5)「身体の内側からの働き」を活用するためには、身体の力を抜くこと
が決定的に重要です。
力を抜くことが大事なことは誰でも知っています。スポーツでも、芸術でも、
学業でも、力んだら良い結果が出ないことは万人が経験しています。
でも簡単に力を抜くことはできませんよね。
脱力はなかなか難しいのです。


脱力には、気功や自力整体が役立ちます。
具体的な脱力法に関しては、既刊の下記をご参照ください。
第7号  ガンを予防しましょう(4)     
からだの歪み(1) からだのクセや歪みを見つける方法。
から
第11号 ガンを予防しましょう(8)   
からだの歪み(5) からだのクセや歪みを取る方法(2)
まで。


[補足]  

1.太極拳と気功との関係は?
人によって考え方が異なります。太極拳だけやっている方は、気功とは関係
ないと思っている方が多いかも知れません。気功だけやっている方は、太極
拳とは関係ないと思っていると思います。
私は、太極拳は気功の一種であると考えています。気功という言葉自体が、
気を扱う修練を全て「気功」として定義しているからです。

2.太極拳はよく「気の武術」と言われます。しかし、気という言葉を使わ
ない方々もいます。気は見えないし、人によっては気を感じない方も少なく
ないからもっともではあります。
なお太極拳発祥の中国は、マルクス主義の唯物論のお国柄です。唯物論では
見えないものを扱いません。したがって「気」という言葉は使いにくいので
しょう。何故か共産国ではない日本でも、同調してからか、気遣ってからか、
気という言葉を敢えて使わない方も少なくないようです。

3.私は、「気」は根源のエネルギーであり、生命の本質に深く関わって
いると繰り返し強調してきています。気を無視して、健康や医療や武術や
万物を語っても、土台のない薄っぺらな表層議論に過ぎないように感じて
います。

4.これまで述べてきたように、「身体の内側からの働き」すなわち、気の
拡がりによって武術的に相手を崩し、そして健康効果を引出すことができます。

そして「気」の働きを更に高度に活用して、秘術の領域にまで到達すること
ができます。それは、「意識の働きで相手の気を操作」して、相手を崩すこと
です。この段階になると、太極拳の細かい型や動作に捉われることなく
気を活用するので、高度な気功(外気功)と言って良いと思います。
ただし、ここまで到達するのは一握りの極めて少数の方々だけと思われます。
太極拳はとても奥が深く、気功と切離して考えることはできないのです。

5.本メールマガジンは、基本的に全て筆者が実体験したこと、考察した
ことを元にして筆者の言葉で書いています。この太極拳に関しても同様です。
したがって世間一般の考えや説明と異なるところがあると思いますのでご了
解ください。

次回は、「健康寿命」に関しての予定です。
以上
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2013-11-28 00:00 | ガン予防2メールマガジン

第48号   太極拳とは? (2)

ガンを予防しましょう    2013年11月21日

第48号   太極拳とは? (2) 

太極拳に関しての第2回です。
太極拳そのものに対する見方、考え方は人によって様々です。

4.太極拳の目的

何のために太極拳を行うのか その目的も人によって様々と思います。
代表的なものを挙げると:

(1)健康目的
  足腰を鍛え、病気や怪我を予防する。
(2)武術目的
  相手の攻撃を柔らかくかわし、逆に相手の体制を崩す。
(3)競技目的
  競技大会で高得点と高順位を目指す。
(4)表演目的
  発表会や大会などで日頃の鍛錬の成果を見せる。

中高年の方々の場合、やはり健康目的で始める方々が一番多いと思います。
一方、若い方々の中には、武術目的、競技目的で始める方も少なくありま
せん。最初は健康目的で始めた方も、次第に裾野を広げて、表演や競技や
武術に磨きをかけていく方々もおられます。

なお、本格的な武術の習得には、相応な修練を積み重ねる必要があり、
長時間と弛まぬ努力を必要とします。決して容易ではありません。
初めて行う中高年の方々には、武術目的ではなく健康目的の太極拳をお勧め
いたします。

5.太極拳の特徴

太極拳の特徴や効果の代表的なものは下記です。

(1)健康増進効果が大きい
  ・足腰が鍛錬され、しなやかな身体を取り戻します。
  ・筋肉・骨格だけでなく、内臓や脳や精神面など全身に良い効果を及ぼ
   します。
(2)中高年向きである
  ・ゆっくりした穏やかな動作が中心であり、80歳でも90歳でも楽しく
   続けられます。
  ・何処でも何時でも気軽にできます。
(3)気功の鍛錬として優れている
  ・脱力によって気の流れが良くなり、気功の鍛錬になっていきます。
  ・太極拳が終わった後、爽快感、軽快感を得られるようになります。
(4)武術として達人の領域に到達できる可能性
  ・太極拳は気の武術であり、気の働きを引出せるようになってきます。
  ・老人でも弱者でも、気の働きで屈強な大男を跳ね飛ばすことができます。

太極拳の特徴を表わす言葉として、「小力で大力を制す」、「力ではなく意識
を使う」、「柔をもって剛を制す」、「相手の力を借りて相手を制す」、「後から
発して先に届く」などがあります。
最大の特徴は、力を抜きながら、意識の働きと、気の働きを活用することです。


6.太極拳の段階

太極拳を学ぶために、一般的には太極拳教室やサークルに入会します。
そして全くの初心者の段階から、少しずつ階段を昇って上達を目指すことに
なります。

(1)先ずマネして動き、覚える
  ・先輩たちの動きをマネしながら動き、少しずつ慣れていきます。
  ・一つ一つの動作を覚えて一人でもできるように練習を重ねます。
  ・その過程で先生や先輩から直すべき点を指摘してもらい、動作や形
   を少しずつ修正していきます。

(2)力を抜きながら動く
  ・一通りの動作と順番を覚えたら、ひたすら力を抜きながら動く練習
   をします。
  ・全身から力を抜きます。胸や肩、腕などから力を抜きます。
  ・特に股関節、腰から徹底的に力を抜きます。

(3)身体の内側からの働きを活用して動く
  ・力が抜けてくると、「身体の内側からの働き」を感じながら動ける
   ようになってきます。
  ・この段階で太極拳の本来の動きになってきます。
  ・これ以前の段階は、力や筋肉を使って動く段階であり、体操や一部
   の踊りに近い動きであり、本来の太極拳の動きではありません。
  ・「身体の内側からの働き」とは何か については次号でご説明する予定
   です。

(4)武術として使えるように修練する
  ・様々な動作ごとに技とコツを繰り返し練習していきます。
  ・脱力した状態で相手の攻撃をかわし相手を崩せるように熟練します。
以上
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2013-11-21 00:00 | ガン予防2メールマガジン

第47号   太極拳とは? (1) 

ガンを予防しましょう    2013年11月14日


第47号   太極拳とは? (1) 

中高年の方々にお奨めしたい健康法の一つに「太極拳」があります。
太極拳は、とてもゆっくりした動作が中心であり、中高年が永く楽しめる
健康法といって良いと思います。そして実はとても奥が深いのです。

1.太極拳とは?

太極拳は、元来は中国武術の一種であり、特定の家系に代々継承されてきたと
いわれる秘術を基にして発展してきました。中国武術というと、カンフーや
少林寺拳法などが頭に浮かぶ方が多いと思いますが、太極拳の場合は大分
趣きを異にします。普通の武術は、力やスピードや技が重要な要素になりま
すが、太極拳では逆で、力を抜くことが最も重要になります。力を抜くこと
で生ずる「気」の働きを活用するのです。
日本の合気道と根底で共通しているところが多いように思います。

力を抜いて、ゆっくり動き、気の働きを導き出すわけですから、中高年にとっ
て正にピッタリの健康法といって良いと思います。

2.太極拳の分類

太極拳には、様々な流派、スタイル、種類があります。
大別すると、伝統拳と制定拳に分かれます。

(1)伝統拳
陳式太極拳、楊式太極拳、呉式太極拳、武式太極拳、孫式太極拳など、代々
受け継がれてきた伝統的な太極拳を、伝統拳といいます。同じ流派でも、各
先生の来歴や経験や考え方によって、動作にも様々な相違が生じるし、まして
流派が異なると同じ名前の技でも大分異なる動作になることもあります。

(2)制定拳
伝統拳は、流派や先生によって相当な相違があるため普及の障害になってきま
した。そこで中国国家体育運動委員会が主導して、共通的な重要要素を整理
して編纂し直したものが、制定拳です。国家が制定した太極拳なので制定拳
と呼ばれており、現在では日本をはじめ世界中に普及しています。
以降、制定拳を中心に概説していきます。

なお、太極拳はひとりで行うゆったりとした動作というイメージがありますが、
2人で行う太極拳も大変重要です。太極拳は、元来は武術ですから、相手を想定
して様々な防御と攻撃の技が抽出されてきています。
そこで、二人で行う、「推手」(すいしゅ)、「対練」(たいれん)などを練習して、
実践的な技の習得を目指す方々も多くおられます。

3.太極拳の種類

ひとりで行う太極拳は、様々な型や技を順番につないで、一連のまとまった動作
として行います。「套路」(とうろ)といいます。型練習といっても良いと思い
ます。5分程度のものから、10分、15分以上かかるものまで色々あります。

套路にも様々な種類があり大別すると次のようになります。
(1)何も持たずに素手で行う套路
  「24式太極拳」、「48式太極拳」、42式太極拳など。
(2)剣や刀や槍や扇子などの武器を持って行う套路
  「32式太極剣」、42式太極剣など。

通常は、「24式太極拳」から始めて、「32式太極剣」、「推手」、「48式
太極拳」などへ範囲を拡げていく方が多いようです。


[補足]  

1.現在、日本でよく行われている太極拳は、制定拳の中の「24式太極拳」
が多いと思います。私のお勧めするのもこれです。中高年が健康のために
始めるなら、これだけでも十分と思います。本やDVDも沢山発刊されてい
ます。また、「日本武術太極拳連盟」は、太極拳の普及や質の向上を目指して、
講習会や研修会、昇級・昇段試験などを主宰しており各都道府県にもその
支部があります。世界大会への選手の育成・派遣なども行っております。

2.実は、24式太極拳は1種類だけでなく、伝統拳の流派の中にも24式
太極拳と名乗っているものが何種類もあります。
太極拳を始めて学ぶ方にお勧めするのは、制定拳の中の「24式太極拳」です。
日本武術太極拳連盟に加盟している太極拳の会では、制定拳の中の「24式
太極拳」を中心にその他の制定拳や伝統拳を行っています。

3.制定拳をお勧めする理由は、横の拡がりと、縦の拡がりがあるからです。
横の拡がりとは、制定拳は日本全国で共通であり、中国や世界各国で行われて
いるものとも共通です。どこで行っても問題ありません。
一方、制定拳以外の24式太極拳は、その流派だけの特有な動作が含まれること
があるので、場合によっては海外で行うと違和感を持たれることがあるようです。

4.縦の拡がりとは、初心者から高位有段者まで、段階に応じて指導要領が整備
されており、体力と意欲に応じて上を目指すことができることです。
実は、太極拳は奥が深く、このことはとても重要です。

5.私は、制定拳以外は駄目だと言っているわけではありません。
太極拳を始めて学ぶ中高年の方々に、制定拳をお勧めしているだけです。
制定拳ができるようになったら、他の伝統拳も練習して幅を拡げる方が望ましい
のです。実際、私の場合は、複数の制定拳と、呉式太極拳(王培生老師系)
をやってきています。
以上
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2013-11-14 01:00 | ガン予防2メールマガジン

第46号   呼吸法(4)  逆腹式呼吸法の一例

ガンを予防しましょう   2013年11月07日


第46号   呼吸法(4)  逆腹式呼吸法の一例 

今週は、特に女性にお奨めしたい逆腹式呼吸法の一例をご紹介します。

1.「呼吸法」は、生命力、自然治癒力、免疫力を高めるために極めて重要です。
呼吸法を大別すると、「胸式呼吸」と「腹式呼吸」に分かれます。
腹式呼吸は、積極的にお腹を動かすことにより、深くゆったりとした大きな
呼吸を行うことができます。横隔膜が上下に動き内臓を刺激することからも
健康効果が高いと言われています。

2.腹式呼吸を大別すると、「順式腹式呼吸法」と「逆式腹式呼吸法」に分か
れます。「順式」とは、息を吸うときにお腹を膨らませるのを「順式」と言い、
逆に息を吸うときにお腹を引き込むのを「逆式」と言います。

3.腹式呼吸の中で、基本中の基本が、「順式腹式呼吸法」です。
「順式腹式呼吸法」については、既に 第3号 ~ 第6号でご説明してい
ます。今回は、その続編です。

4.「逆式腹式呼吸法」にも沢山の方法、流派があります。今回ご説明する
逆式腹式呼吸法の一例は、「骨盤底筋」を鍛える効果がありますので、特に
女性の皆様には大事な呼吸法と思います。いわゆる「締り」が良くなり、尿
漏れなどを予防することができます。
姿勢は、座っていても、立っていても、電車の中でもどこでもできます。


[功法2] : 逆式腹式呼吸法の一例

(1)鼻からゆったりと息を吸いながら、肛門を締めて真上に引き上げます。
同時に、お腹(丹田)を後側に引き込みます。

(2)鼻からゆったりと息を吐きながら、肛門とお腹(丹田)と腰全体を緩め
て脱力します。

(3)肛門を締めて真上に引き上げ、お腹(丹田)を後側に引き込む時は、少
し力を入れます。強さは、弱からず、強からず、適度な力を入れます。

(4)吸う時間は、7~10秒程度、吐く時間も7~10秒程度で最初は短め
から練習します。出来れば、1回4~5分程度を1日3回繰り返します。
ただし、無理をしないように、ご自分のペースで少しずつ慣れるようにして
いってください。

(5)雑念を排除して、意識を、肛門とお腹(丹田)だけに集中します。


[補足]

慣れてきたら、次のヴァリエーションも試してみては如何でしょうか。

(1)息を吸いながら、肛門ではなく少し前方の尿道口あたりを締めて引き
上げるようにしてみます。そして、呼吸ごとに肛門と尿道口を交互に引き上げ
るようにしてみます。

(2)お腹(丹田)を後側に引き込むのを一時的にやめて、肛門と尿道口を
交互に引き上げることに専念します。括約筋の強化が促進されます。


[Q&A]

いくつかご質問を頂いている中から1つお答えします。

Q:「ガンを予防する歩く気功」と「郭林新気功」との相違は何ですか?

A:一番の違いは、治療と予防の差です。
1.「郭林新気功」はガン患者がガンを「治す」ための気功です。そのために
長時間、できれば毎日4時間程度行います。長時間やっても飽きないように、
郭林新気功の中には沢山の種類の気功が用意されていますが、その中で中心的
な位置を占めるのが、「風呼吸自然行功」です。すなわち、風呼吸をしながら
歩く気功です。歩き方も、様々な種類やヴァリエーションがありますが、体力
が落ちたガン患者でも続けられるようにゆっくりと歩くのが基本です。なお、
狭い部屋の中でもできるように、歩くのではなく、ほぼ定位置で出来るものも
沢山用意されています。

2.「ガンを予防する歩く気功」は、生命力を高めてガンを「予防」するのが
目的です。「風呼吸自然行功」 の中で重要な2つのポイントを健常者向きに
改良し、更に別のポイントを3つ付加して、ガンを「予防」する気功と位置づ
けています。

3.具体的な相違点は下記の通りです。
(1)「ガンを予防する歩く気功」のポイント2.は、自然に歩きながら、手を
振る方向を斜め内側45度に振ります。一方、郭林新気功では、両手のてのひら
を下向きにして地面に向け、お腹の前と体側との間を、左右交互に弧を描くよ
うに手を動かします。不自然な手の動かし方で歩くので、知っている方が見る
と一見してガン患者とわかります。

(2)「ガンを予防する歩く気功」のポイント3.は、通常速度で1呼吸4歩
か、1呼吸8歩の風呼吸で歩きますが、郭林新気功では、1呼吸2歩でゆっく
り歩きます。

郭林新気功に関しては、第24号を参照してください。
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2013-11-07 00:00 | ガン予防2メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧