富士健康クラブ

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧




51.太極拳とは? (2)

51.太極拳とは? (2)

太極拳に関しての第2回です。
太極拳そのものに対する見方、考え方は人によって様々です。

4.太極拳の目的
何のために太極拳を行うのか その目的も人によって様々と思います。
代表的なものを挙げると:

(1)健康目的
足腰を鍛え、病気や怪我を予防する。
(2)武術目的
相手の攻撃を柔らかくかわし、逆に相手の体制を崩す。
(3)競技目的
競技大会で高得点と高順位を目指す。
(4)表演目的
発表会や大会などで日頃の鍛錬の成果を見せる。

中高年の方々の場合、やはり健康目的で始める方々が一番多いかと思います。
一方、若い方々の中には、武術目的、競技目的で始める方も少なくありま
せん。最初は健康目的で始めた方も、次第に裾野を広げて、表演や競技や
武術に磨きをかけていく方々もおられます。

なお、本格的な武術の習得には、相応な修練を積み重ねる必要があり、
長時間と弛まぬ努力を必要とします。決して容易ではありません。
初めて行う中高年の方々には武術目的としての練習はあまりお勧めいた
しません。


5.太極拳の特徴

太極拳の特徴や効果の代表的なものは下記です。

(1)健康増進効果が大きい
  ・足腰が鍛錬され、しなやかな身体を取り戻します。
・筋肉・骨格だけでなく、内臓や脳や精神面など全身に良い効果を及ぼ
します。
(2)中高年向きである
  ・ゆっくりした穏やかな動作が中心であり、80歳でも90歳でも楽しく
続けられます。
  ・何処でも何時でも気軽にできます。
(3)気功の鍛錬として優れている
  ・脱力によって気の流れが良くなり、気功の鍛錬になっていきます。
  ・太極拳が終わった後、爽快感、軽快感を得られるようになります。
(4)武術として達人の領域に到達できる可能性
・太極拳は気の武術であり、気の働きを引出せるようになってきます。
  ・老人でも弱者でも、気の働きで屈強な大男を跳ね飛ばすことができます。

太極拳の特徴を表わす言葉として、「小力で大力を制す」、「力ではなく意識
を使う」、「柔をもって剛を制す」、「相手の力を借りて相手を制す」、「後から
発して先に届く」などがあります。
最大の特徴は、力を抜きながら、意識の働きと、気の働きを活用することです。


6.太極拳の段階

太極拳を学ぶために、一般的には太極拳教室やサークルに入会します。
そして全くの初心者の段階から、少しずつ階段を昇って上達を目指すことに
なります。

(1)先ずマネして動き、覚える
・先輩たちの動きをマネしながら動き、少しずつ慣れていきます。
・一つ一つの動作を覚えて一人でもできるように練習を重ねます。
・その過程で先生や先輩から直すべき点を指摘してもらい、動作や形
を少しずつ修正していきます。

(2)力を抜きながら動く
  ・一通りの動作と順番を覚えたら、ひたすら力を抜きながら動く練習
をします。
  ・全身から力を抜きます。胸や肩、腕などから力を抜きます。
・特に股関節、腰から徹底的に力を抜きます。

(3)身体の内側からの働きを活用して動く
  ・力が抜けてくると、「身体の内側からの働き」を感じながら動ける
ようになってきます。
  ・この段階で太極拳の本来の動きになってきます。
  ・これ以前の段階は、力や筋肉を使って動く段階であり、体操や一部
の踊りに近い動きであり、本来の太極拳の動きではありません。
  ・「身体の内側からの働き」とは何か については次回ご説明する予定
です。

(4)武術として使えるように修練する
  ・様々な動作ごとに技とコツを繰り返し練習していきます。
・脱力した状態で相手の攻撃をかわし相手を崩せるように熟練します。


次回は、太極拳に関しての最終回の予定です。

なお、本メールマガジンは6月初旬までは毎週木曜日に発行してきましたが、
それ以降は月2回程度発行の予定です。本題のガン予防に関してはほぼ終了
しましたので、一般的な健康増進に話題を拡げています。
以上
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2012-07-26 00:00 | ガン予防メールマガジン

50.太極拳とは? (1)

50.太極拳とは? (1)

中高年の方々にお奨めしたい健康法の一つに「太極拳」があります。
太極拳は、とてもゆっくりした動作が中心であり、中高年が永く楽しめる
健康法といって良いと思います。そして実はとても奥が深いのです。

1.太極拳とは?
太極拳は、元来は中国武術の一種であり、特定の家系に代々継承されてきたと
いわれる秘術です。中国武術というと、カンフーや少林寺拳法などが頭に浮
かびますが、太極拳の場合は大分趣きを異にします。普通の武術は、力や
スピードや技が重要な要素になりますが、太極拳では全く逆で、力を抜くこと
が最も重要になります。力を抜くことで生ずる「気」の働きを活用するのです。
日本の合気道と根底で共通しているところが多いように思います。

力を抜いて、ゆっくり動き、気の働きを導き出すわけですから、中高年にとっ
て正にピッタリの健康法といって良いと思います。

2.太極拳の分類
太極拳には、様々な流派、スタイル、種類があります。
大別すると、伝統拳と制定拳に分かれます。

(1)伝統拳
陳式太極拳、楊式太極拳、呉式太極拳、武式太極拳、孫式太極拳など、代々
受け継がれてきた伝統的な太極拳を、伝統拳といいます。同じ流派でも、各
先生の来歴や経験や考え方によって、動作にも様々な相違が生じるし、まして
流派が異なると同じ名前の技でも全く異なる動作になることもあります。

(2)制定拳
伝統拳は、流派や先生によって相当な相違があるため普及の障害になってきま
した。そこで中国国家体育運動委員会が主導して、共通的な重要要素を整理
して編纂し直したものが、制定拳です。国家が制定した太極拳なので制定拳
と呼ばれており、現在では日本をはじめ世界中に普及しています。
以降、制定拳を中心に概説していきます。

なお、太極拳はひとりで行うゆったりとした動作というイメージがありますが、
2人で行う太極拳も大変重要です。太極拳は、元来は武術ですから、相手を想定
して様々な攻撃と防御の技が抽出されてきています。
そこで、二人で行う、「推手」(すいしゅ)、「対練」などを練習して、実践的な
技の習得を目指す方々も多くおられます。

3.太極拳の種類
ひとりで行う太極拳は、様々な型や技を順番につないで、一連のまとまった動作
として行います。「套路」(とうろ)といいます。型練習といっても良いと思い
ます。5分程度のものから、10分、15分以上かかるものまで色々あります。

套路にも様々な種類があり大別すると次のようになります。
(1)何も持たずに素手で行う套路
  「24式太極拳」、「48式太極拳」、42式太極拳など。
(2)剣や刀や槍や扇子などの武器を持って行う套路
  「32式太極剣」、42式太極剣など。

通常は、「24式太極拳」から始めて、「32式太極剣」、「推手」、「48式
太極拳」などへ範囲を拡げていく方が多いようです。


[補足]  

1.現在、日本でよく行われている太極拳は、制定拳の中の「24式太極拳」
が多いと思います。筆者のお勧めするのもこれです。中高年が健康のために
始めるなら、これだけでも十分と思います。本やDVDも沢山発刊されてい
ます。また、普及や質の向上を目的にして講習会や研修会などを主宰したり、
世界大会への選手の育成・派遣などを行っている「日本武術太極拳連盟」
あり、各都道府県にもその支部があります。

2.実は、24式太極拳は1種類だけでなく、伝統拳の流派の中にも24式
太極拳と名乗っているものが何種類もあります。
太極拳を始めて学ぶ方にお勧めするのは、制定拳の中の「24式太極拳」です。
日本武術太極拳連盟に加盟している太極拳の会では、制定拳の中の「24式
太極拳」を中心にその他の制定拳や伝統拳を行っています。

3.制定拳をお勧めする理由は、横の拡がりと、縦の拡がりがあるからです。
横の拡がりとは、制定拳は日本全国で共通であり、中国や世界各国で行われて
いるものともほぼ共通です。どこで行っても問題ありません。
一方、制定拳以外の24式太極拳は、その流派だけの特有な動作が含まれること
があるので、場合によっては海外で行うと違和感を持たれることがあるようです。

4.縦の拡がりとは、初心者から高位有段者まで、段階に応じて指導要領が
整備されており、体力と意欲に応じて上を目指すことができることです。
実は、太極拳は奥が深く、このことはとても重要です。

5.筆者は、制定拳以外は駄目だと言っているわけではありません。
太極拳を始めて学ぶ中高年の方々に、制定拳をお勧めしているだけです。
制定拳ができるようになったら、他の伝統拳も行って幅を拡げる方が望ましい
のです。実際、筆者の場合は、複数の制定拳と、呉式太極拳(王培生老師系)
をやってきています。


次回も太極拳の続きの予定です。
以上
[PR]



by jiriki-tachikawa | 2012-07-12 00:00 | ガン予防メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧