富士健康クラブ

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第16号

[大宇宙のしくみが解かってきた!「応用編」]  第16号

第3章 健康のグレードアップ  
 

3-4.気功の分類

気功には何千もの方法・スタイル・流派があると述べました。したがって気功の分類法もいろいろあります。

1.動きによる分類

(1)動功: 動きながら行う気功

(2)静功: 座ったまま、立ったままなど、見かけ上あまり動かないで行う気功

2.範囲による分類

(1)内気功: 身体の内側の気を整える気功(自分自身の健康、鍛錬)

(2)外気功: 身体の外側にまで気を拡げて、相手(家族や患者など)の気を調整する気功

3.目的に応じた分類

(1)養生気功: 健康・長寿のための内気功、外気功

(2)医療気功: 病気治療のための外気功

(3)武術気功: 武術として相手を制するための外気功

(4)宗教気功: 道を究め、霊性を高め、悟りを開く一環としての気功(仏教気功、チベット密教気功、道教気功など)

4.主要素による分類

(1)調身が主体の気功

(2)調息が主体の気功

(3)調心が主体の気功

(4)上記を複合した気功

5.姿勢による分類

(1)座って行う気功

(2)椅子に腰掛けて行う気功

(3)立って行う気功(たんとう功と言います)

(4)動きながら行う気功

(5)歩きながら行う気功

(6)寝た状態で行う気功

なお「太極拳」は、本来は気を活用する武術なので、動きながら行う武術気功に分類されます。


<補足> 気のからだの構造

気のからだは見えませんし、かたちもハッキリとは認識できません。

肉体のからだのように皮膚で囲まれた定型ではなく、体の外側まで拡がっています。しかも意識によって拡大したり縮小したりします。例えば、丹田を意識して、丹田の気を拡げようと思うと、実際にお腹の前方に丹田の気が拡がって大きくなるのを感じることができます。また眼力を鋭くして前方を凝視すると、視線に沿って眼から気が伸びていきます。てのひらで視線を遮ると、てのひらも眼もその変化を感じます。武術では眼力がとても重要です。

「気のからだ」は喩えて言えば、からだを取り囲む「電波の雲」のようなものと考えることもできます。生命体にはそれぞれ、エネルギーと情報を持った電波の雲が取り巻いているのです。それを「エネルギー体」と呼んだりもします。電波ですから境界がなく原理的には無限に拡がっています。だから遠く離れた他人の気のからだを調整する、すなわち遠隔治療することができるのです。

ただし、電波の正体は、「電子」の振動が周囲の空間に拡がった物質次元の電磁波ですが、「気」は高次元の存在です。次元が高いので電波よりも遥かに精妙機微であり、空間と時間を超越します。すなわち「気」の働きは空間と時間の制約を受けないのです。

気のからだは見えませんが、いくつかの構造を持っていると考えることができます

「経絡」(けいらく)は気のからだの一つの構造と見ることできます。「経絡」は簡単に言えば生物の「気の流れ道」です。様々な経絡がありますが、内臓に関する経絡だけでも12経絡あります。

肺経、大腸系、胃経、脾経、心経、小腸系、膀胱系、腎経、心包系、三焦経、胆経、肝経の12経絡です。各経絡上にはそれぞれ複数のツボが点在します。指圧や鍼灸など東洋医学では、これらのツボを利用して経絡を調整し、気のからだを整え、肉体のからだを整えていきます。

富士健康クラブ 

   関口 素男

    sekiguchi.m@ozzio.jp


[PR]



by jiriki-tachikawa | 2017-09-24 18:15 | 応用編メールマガジン

中高年を主対象とする健康・長寿・自己実現のための健康クラブです
by jiriki-tachikawa
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧